フジミ マクラーレンF1 GTR 製作 完成

春になったというのにいきなり冷え込んでしまい驚きました

しかし温度が下がろうともホビーショーまであと1カ月を切り
製作も追い込みに入っているモデラーが多いころ合いでもあります

残念ながら計画性がない自分もその一人です

とり合えずフジミのマクラーレンF1 GTRが完成しました
DSC00765.jpg
キット自体は去年の暮れに発売されたものです
比較的高額な部類に入りますがカルトグラフデカールとエッチングが付いてくることを考えるとお買い得かもしれません

とりあえずこのキットの問題点を
ヘッドライトカバーのこぶの形状が異なる
フロントのフェンダーの形状が異なる
エンジンは市販車のまま
タイヤハイトがとても厚くそのまま組むとラリーカーになる
サイドウィンドウに不要なラインが残っている
フロントのオレンジ色のふたの部分が長すぎる
内装のシートが謎の形状をしている

こんな感じでしょうか
しかし完成してみると雰囲気はとても良いです
まさにフジミマジックといったところでしょうか
DSC00768.jpg

このキットの良いところもいくつかあります

カルトグラフデカールだけあって非常にデカールが貼りやすい
ドアをあらかじめ閉状態で組む場合にはアオシマのものよりも容易に固定できる
エッチングが付いてくる(ほとんど使いませんでしたが)

DSC00771.jpg

キットの改造点としてはこんな感じ

タイヤをタミヤのGTカーのものに変更
ローダウン(タイヤハウスはさようなら)
エンジンフードのメッシュ部分はくりぬき
オレンジ色のラインを塗り分けで再現(デカールでは少し太すぎる)

DSC00780.jpg

ガルフカラーはいつ見ても模型映えします
ガルフブルーの部分はパール塗装にしています
ゼッケンなどはエアアウトレットの部分に張るのですが
カルトグラフデカールのおかげで容易に貼ることができました
DSC00777.jpg

アオシマのキットも同時に製作中なのですがフジミのほうがざっくりしている分作りやすいと感じます
雰囲気は良いので無理にアオシマのキットを選択する必要もないと思います
DSC00774.jpg

ただ相変わらずフジミな部分があるので初心者には全くお勧めできない内容といったところでしょうか
ドアの開閉選択式というのも作りやすさの観点からすればもう
少し作りやすい内容にするべきといった感じがします

DSC00776.jpg

おまけ
市販車との比較
DSC00782.jpg

DSC00781.jpg

DSC00783.jpg
スポンサーサイト
2014-04-20 : 1/24 マクラーレンF1 GTR  [フジミ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

新生活が始まりこれにまだ慣れないせいで製作が滞り気味です
とりあえずちまちまとデカール貼りを進めていたフジミF1 GTRのマーキングが終了しました
DSC00738.jpg

デカールはカルトグラフ製とのことで非常に貼りやすかったです

DSC00739.jpg
ただサイドのゼッケンの貼り付け位置はもう少し前方のほうが正しいようです
貼ったあとに箱絵を見て説明書の間違いに気づきました
修正しようがないのでこのまま進めます
しかしさすがカルトグラフということはあり、複雑な3次曲面にもなじんでくれました

DSC00740.jpg
デカールそのものが破れにくくデカールの糊も強い感じでした
またデカールがしなやかで破れにくい点も良かったです
スリット部分も少し乾燥させたのちスリットに沿ってデカールを切ることでそれらしくすることができました

DSC00741.jpg
ただところどころ寸足らずな部分が生じてしまったためデカールを保護するクリアーを
一回吹いた後タッチアップをしていきます

DSC00742.jpg
派手なカラーリングとゼッケン、スポンサーロゴが付くと一気に華やかになりました
これもレーシングカーの醍醐味といったところでしょうか

アオシマのf1 GTRはボディの下地処理中です


2014-04-11 : 1/24 マクラーレンF1 GTR  [フジミ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

SOF

Author:SOF
主に車の模型をさっくりと組む模型人間です

最近はさっくりすぎて純正ディティールアップパーツすら用いないようになりました…

カテゴリ

検索フォーム

走行距離 ( km )