タミヤ Ducati 1199 製作 完成

ボディカウルを砥ぎ出してこれらを組み付けて1199が完成しました
DSC01190.jpg

バイク模型は砥ぎ出し後の塗装が少ない点で車よりもモチベーションを維持しやすいです

DSC01192.jpg
フロントスクリーンなどの固定は接着剤不要となっており
クリアーパーツの固定を考えるととてもありがたいです

DSC01185.jpg
サイドスタンドで

DSC01191.jpg
自作したトップブリッジのタンクもスクリーンに干渉することがなく良かったです

DSC01189.jpg
ただこのキットは精度が高すぎる故、塗膜の厚みによりいくつかのパーツの組み付けに苦労しました
そういった部分はエポキシ接着剤で無理やり固定しています

DSC01187.jpg
特にスクリーンのカウルとサイドカウルとの間に隙間が生じてしまいます
ここの組み付けに関しては仮組みの段階で工夫が必要だと感じました

ここからはちょうど完成時に朝日が拝めたので通報されないかと不安になりながらの自然光撮影です
(朝、地面にはいつくばっている人がいたら恐らくその人はモデラーです…)
DSC01130.jpg

DSC01129.jpg

DSC01136.jpg
自然光で撮影したほうがより実物に近い色合いになってくれます

DSC01138.jpg

DSC01144.jpg

DSC01174.jpg

ここから地面にはいつくばりながらの撮影
DSC01175.jpg

DSC01177.jpg

最後にキットの総評を

キットはタミヤの最新のものということもあり非常に高精度です
タイヤのパーティングラインもほとんど目立ちません
またレーシングスタンドがポリキャップで保持できる点もとてもよいと思います
実車の特徴的な構造も組みたてながら理解できるというプラモデルの魅力の一つを存分に味わうことができます

ただやはり高精度ゆえに塗膜の厚みによって組み付けが困難になる点には注意する必要がありそうです
特に自分のようにウレタンクリアを厚くぱなすモデラーは
仮組みの段階で塗膜の厚みを考慮する必要があると思います

なんだかんだでいろいろ書きましたがこのキットには十分満足です
今後もタミヤには新金型でバイクのキットを出してほしいです
DSC01179.jpg

次からはパンダの製作に入っていきます
スポンサーサイト
2014-06-15 : 1/12 Ducati 1199 [タミヤ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タミヤ Ducati 1199 製作 シートフレームなどの取り付け

梅雨に入りましたが週末はしっかりと晴れてくれて非常にうれしいです(塗装)

カウルなどを取り付ける前に組み付けるパーツ類を塗装組み立てました
DSC01113.jpg

クリアーパーツにはクレオスのGXクリアーブラックを吹きつけました

DSC01115.jpg
ヘッドライトのカバーパーツはふちをサインペンなどで塗りつぶしておく厚みが目立たなくなります

これらを組み付けました
DSC01116.jpg
シートフレームはいつも通りネジ止めでしっかりと固定できます

DSC01117.jpg
リヤ周りの複雑な形状のパーツ類も少ないパーツで精度よく再現されています

DSC01118.jpg
キットでは再現されていなかったトップブリッジ上のケーブルのようなものを取り付けました
先端部分に0.5mmの穴をあけて適当なリード線を差し込みました
付け根はキットのゴムチューブです

DSC01120.jpg
リヤのサスペンションの部分も同様

DSC01119.jpg
フェンダーも問題なくはまってくれました

DSC01123.jpg
レーシングスタンドのタイヤの部分にもゲート処理後にクリアーブラックを吹きつけておきました

後はカウル類を砥ぎ出して固定するだけです
2014-06-14 : 1/12 Ducati 1199 [タミヤ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タミヤ Ducati 1199 製作 ボディ塗装

アジサイが鮮やかに咲くようになり本格的な梅雨入りとなりました
モデラーにとっては塗料がかぶりやすくなりつらい季節です

それでも何とかボディ塗装を行いました

まず合わせ目を処理し捨てサフを吹いて#1000の耐水ペーパーで水砥ぎしたボディパネルに
ガイアの黒サフと銀サフを適当に混合したものを吹きつけました
DSC01107.jpg

この上にクレオスのトルマリングリーンとガイアのExブラックを2:1ぐらいで混合したものを
これ以上濃くならなくところまで吹きつけました

ただこのパールとソリッドカラーの混合色はパール粒子がフラットベースのようにふるまうためか
多少かぶりが生じてしまいました[画像はありませんがかなり派手にかぶりました]
パールの混合色はあまり湿度が高いときの塗装に向いていないようです

しかしこのかぶった塗装の上にクレオスのGXクリアーグリーンをうすく吹いた所
特に問題なく仕上がりました
そのためデカールを貼りラッカークリアーを軽く吹いてデカールを押さえウレタンクリアーを吹きました
DSC01110.jpg

DSC01108.jpg

またフロントのフェンダーにはST27のカーボンデカールを貼りました
DSC01112.jpg
左右対称になるように貼り付けました

今回初めてカーボンデカールをいました
使用したST27のカーボンデカール綾織Sは
デカ-ルとは思えないぐらい貼りやすかったです
ドライヤーで軽く暖めて押さえつけるだけで簡単に曲面に馴染んでくれました
これだけ貼りやすいのなら今後アクセントとして積極的に使っていきたいと思いました
ただより細かく1/24の車などに使えそうなカーボンデカールのssサイズが売り切れなのが残念です
2014-06-12 : 1/12 Ducati 1199 [タミヤ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タミヤ Ducati 1199 製作 タイヤ、フロントフォークの取り付け

ちまちまと進めている1199ですがホイールのデカール貼りを何とか終わらせました

こんな感じに震える手でデカールを細切りにすることで何とか貼り付けました
DSC01092.jpg
このホイールのデカール貼りはいかに細くデカールを切り出すかで難易度が変わる気がします
さすがにまだデカールが劣化する時期ではないの細く切りだしても問題ないようです

このホイールを半艶にクリアーコートしたのちタイヤをはめて本体に組み込みました
またすでに塗装しておいたフロントフォークも組み込みました
DSC01100.jpg
付属するレーシングスタンドはスイングアーム内にしこまれているポリキャップのおかげでぐらつきなく固定できます

DSC01095.jpg
ホイールはビス止めで固定するのですがとても組みやすかったです

DSC01097.jpg
フロントフォークは艶ありの黒を下地にガイアのスターブライトブラスを吹き
その上にクリアーイエローにクリアーオレンジを少量加えたものを吹きつけアルマイト処理っぽく
その後マスキングして先端部分を塗り分けハセガワのゴールドミラーフィニッシュを貼り付けました

DSC01096.jpg
片持ちのスイングアームのためリアホイールのスポークがかなり右側によっているのが確認できます

DSC01099.jpg
ハンドルに固定されてるタンク類も切り離し透明ランナーでそれっぽくしました
また取り付け位置を少し上にずらし地面と平行になるように固定しています
ただカウルと干渉しそうなのでもう少し内側にずらしたほうがよさそうです

DSC01103.jpg
サイドスタンドも可倒式となっておりレーシングスタンド無しでも自立できます(当たり前ですが)

DSC01101.jpg
これで中身は大かた完成したので外装に取り掛かっていきます

2014-06-09 : 1/12 Ducati 1199 [タミヤ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タミヤ Ducati 1199 製作 スイングアーム サイドステップの製作

このところ気温の変化が激しくなり体調管理に気をつけたい日々が続いています

それはそれとしてスイングアームの製作を進めました

その前にプチディティ-ルアップをしました
キットの各種タンク部分は艶ありのホワイトで塗るよう指示されています
ただわざわざホワイトを塗るのが面倒だったので
まずふたの部分を切り取りました
DSC01073.jpg
切り取ったふたは再利用します

そしてタンクのモールドをピンバイスなどを用いてくりぬきました
DSC01075.jpg

透明なランナーの断面に穴をあけてパイプ状にして適当な長さに切りだしました
DSC01076.jpg

このパイプの内側にクリアーイエローをつまようじで塗り
外側をクリアーにホワイトを少し加えたもので塗るとこんな感じ
DSC01079.jpg
何となく液体が入っている感じになったと思います
ステアリングの部分のタンクも同様に処理しました

スイングアーム類のパーツ構成はこんな感じです
DSC01081.jpg
各種のカバー類とスイングアーム本体とでは色に変化を付けました

組み付けるとこんな感じです
DSC01082.jpg
ビス止めでかっちりと組むことができます

またサイドステップとサスペンション関連のパーツも同時に塗装しました
DSC01084.jpg

チタンシルバーで指示されている部分は何色かを使い分けました
とりあえず
スターブライトジェラルミン+スターブライトブラス少量
ダークステンレスシルバー
ダークステンレスシルバー+スターブライトアイアン
#8シルバー+Exシルバー
の四色です
ただエアブラシの洗浄を行わずに次の色を吹いているのでそれほど手間はかかりませんでした
スプリングはガイアノマルチプライマーを吹いたのちイエローとしました

これらを組み付けるとこんな感じです
DSC01085.jpg
なかなかの密度感になりました

DSC01086.jpg
スプリングがいいアクセントになっています

DSC01089.jpg
例のタンクもそれっぽく

DSC01087.jpg
スプロケットもいい感じになりました

無事ヨドバシカメラからゴールドミラーフィニッシュが届いたので
次の作業に進めそうです
それにしても土曜の午後に注文して日曜の正午には配達されるのですから驚きです
(しかも送料無料)

ただ厄介なホイールのデカール貼りが待ち構えています



2014-06-08 : 1/12 Ducati 1199 [タミヤ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

SOF

Author:SOF
主に車の模型をさっくりと組む模型人間です

最近はさっくりすぎて純正ディティールアップパーツすら用いないようになりました…

カテゴリ

検索フォーム

走行距離 ( km )