スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ラップ塗装 四季クラウン 集合編

先日冬のラップ塗装が完成したおかげで
何とか四季クラウン4台をそろえることができました

今回は集合写真です
DSC07478.jpg

ラップ塗装は本来、
積みプラ処理目的で試しに行ったのが始まりでしたが
今ではすっかり展示会の主力といった感じになってしまいました
DSC07472.jpg

ここからは個別の紹介です
春クラウンは実車でもピンクがあるということで210系クラウンアスリートにしました
内装もモモタロウクラウンと同じ配色です
DSC07455.jpg

夏クラウンは積みプラだった200クラウンアスリートです
この作品は四季クラウンシリーズで一番初めに完成しました
ほかのものと違ってラップ塗装を模様の部分と周囲の部分の2重に施したものとなっています
そのおかげで工程が複雑だったため次の秋クラウンでラップ塗装の数を減らす感じの工程を試すきっかけにもなりました
DSC07456.jpg

秋クラウンはちょうど秋に開催される静岡オー通向けに製作しました
前述の通りラップ塗装の回数を減らし工程を簡略化しました
その代わりにクリアーカラーの特色を生かしてもみじの模様の部分にグラデーションをかけています
DSC07457.jpg

最後は冬クラウンです
マスキングの工程が複雑なため作るのをためらっており結局最後の完成になりました
雪の結晶のマスキングはテープの切り出しから貼り付けまでかなり厄介でした
DSC07459.jpg

以上4作品を集めてみるとこんな感じです
見てくれた人が作品を見たときに4台のテーマ的なものが頭に浮かんでくれるとうれしいです
今後もラップ塗装は続けていきたいと思います
DSC07470.jpg
スポンサーサイト
2015-04-07 : 1/24 210クラウン ラップ塗装[アオシマ] : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

アオシマ 210春クラウンアスリート 製作 完成

名古屋オー通前にすでに完成していますが春クラウンの完成編です
今回も画像は少し拡大できます

今回は順当に行けば冬のラップ塗装のはずでしたがピンクが似合う車ということで
春のイメージでアリストの更新もかねて桜模様のラッピングを施しました
s-DSC03824.jpg

桜の部分は100均の型抜きを用いてマスキングテープを切り抜いて塗装しています
ただ桜の部分をアシストのときとは異なりシルバーべた塗りにすることで製作期間を短くしました
s-DSC03827.jpg

桜の部分がラップ塗装ではなくなりましたが雰囲気はそれっぽく仕上がってくれたと思います
もともとのクルマのピンクのイメージが強いということもあるのかもしれません
s-DSC03836.jpg

ホイールはアオシマの最近のオプションのものです
スポーク部分のみ白く塗装しています
またブレーキディスクはカスタム仕様のものを用いました
s-DSC03843.jpg

デカールのマーキングはキットのままガソリン仕様としました
秋クラウンがハイブリットモデルだったのでそれとの対比にもなると思います
s-DSC03846.jpg

桜の模様は密な部分と疎な部分がある感じで塗装しました
同様にラップ塗装の部分も明るい部分と暗い部分を意図的に分けて塗装しています
s-DSC03855.jpg

また桜の部分とラップ塗装の部分ではピンクの色調がわずかに異なるようにしてみました
(写真だとよくわからないですが…)
s-DSC03878.jpg

210クラウンアスリートも短期間のうちに3台ほど製作したこともありだいぶ製作になれてしまいました
そのうち気が向いたらまた製作するかもしれません(空色とか若草色とか…)
s-DSC03864.jpg

前回の名古屋オー通でもやはりラップ塗装は一般受けがよい印象を受けました
来年のホビーショーまでには四季クラウンをそろえて展示したいです
s-DSC03870.jpg

アオシマの210クラウンは今後もバリエーション展開が望めそうなのでその部分もとても楽しみです
s-DSC03874.jpg

ちなみに内装はピンククラウンに準じたものにしています
フロアマットはなんとなく赤にしました
s-DSC03811.jpg

その他の四季クラウンとの集合写真は冬クラウンが完成してからにしたいと思います
横浜オー通までには冬クラウンも仕上げたいです(おそらくマスキング地獄が待っていますが…)
s-DSC03886.jpg

春クラウンについては以上です
次回からはまた別なキットを製作していきます

2014-12-04 : 1/24 210クラウン ラップ塗装[アオシマ] : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

アオシマ 210春クラウンのラップ塗装

このところいっそう寒さがきびっしくなり本格的な冬の訪れを感じるようになりました
そのせいか模型の制作も滞り気味です

さて名古屋オー通でいろいろと質問を受けた春クラウンのラップ塗装についていまさらながら
紹介したいと思います

まずはいつものようにボディを1000番の水研ぎで仕上げておきました
その後全体を黒サフ→Exブラックで塗装しましたs-DSC03631.jpg

黒の上にExシルバーを塗装し軽くExクリアーを塗装して保護しました
s-DSC03633.jpg

その上に桜の模様をマスキングしていきます
マスキングテープの切り出しは100均の型抜きを用いて行いました

まず、台座などを作ったときにとっておいた20mm幅の両面テープの剥離紙に18mmのマスキングテープを貼り付けます
このとき剥離紙の両面にマスキングテープを貼っておくと切り出す量が増えます
これを100均の型抜きで桜の形に切り出します
DSC03636.jpg

その後マスキングテープをはがしてシルバーに塗装したボディに貼り付けました
DSC03637.jpg

貼り付けは密な部分と疎な部分があるように貼り付けました
DSC03638.jpg

その後マスキングテープをしっかりと押さえて密着させ全体をガイアのExブラックで塗装しました
s-DSC03640.jpg

この上にラップを用いてラップ特有の模様をつけていきます
まずはタミヤのエナメル塗料のブラックとペイントマーカーのクロームシルバーを混合して
メタリックグレイに近い色を作りました
調色は画像にあるような適当な木のブロックにマスキングテープをはっつけたものを用いると便利です
丸めたラップにこのメタリックグレイをつけてスタンプする感じでボディに色を乗せていきます
ラップにつく塗料の量はきにはったっマスキングテープの側面に塗料がついたラップをこすり付けて行っています
DSC03641.jpg

その後さらにペイントマーカーのクロームシルバーのみをラップを用いて桜のマスキングの周辺に偏らせて
スタンプしました
DSC03643.jpg

これでエナメル塗料を用いたラップ塗装は終わりです
その上にクリアーカラーで着色していきます
まずはマスキングをはがさずにガイアのクリアーパープルと
クレオスのクリアーピンクを同じくらい混ぜ合わせて全体に塗装しました
DSC03645.jpg

その後マスキングをはがすとこんな感じです
今回はラップ塗装の部分と桜の部分の色合いを変えたいと思い
ラップ塗装の部分を紫色が強めとなるようあらかじめ塗装しました
DSC03647.jpg

最後に全体をクレオスの色の素のマゼンダを少し加えたクリアーピンク出塗装し全体を
Ex蛍光クリアーでコートして終了です
DSC03649.jpg
塗装に関してはこんな手順で行いました
桜の部分をシルバーべた塗りにすることで
前回のアリストよりも工程を減らすことができ製作期間を短縮することができました
この後いつものようにロックペイントのハイパークリアーSでクリアーコートし研ぎ出しを行いました

内装などはモモタロウと同じなので割愛します
次回完成写真です

2014-12-03 : 1/24 210クラウン ラップ塗装[アオシマ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

春クラウン

無事ラップ塗装のクラウンアスリートが完成しました
DSC03869.jpg

何とか名古屋のオー通に間に合ってよかったです
DSC03895.jpg

明日のオー通が楽しみです
2014-11-22 : 1/24 210クラウン ラップ塗装[アオシマ] : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

アオシマ 210 ラップ塗装秋クラウン ロイヤル 完成

最近急激に冷え込むようになり日が暮れる速さも相まって秋の訪れを実感するようになりました
(内陸部はすでにとても寒いようですが)

その秋っぽくラップ塗装したクラウンが完成しました
今回も画像は拡大できます

フロントビューから
完会は前回の夏っぽい塗装の続編ということで秋っぽい感じに塗装しました
もみじの模様は大小を織り交ぜる感じにしました
(100均にもみじの型抜きがなかったためマスキングテープの切り出しに時間がかかりましたが…)
DSC02527.jpg

今回はもみじ模様の部分はラップ塗装とせずにシルバー一色として製作時間を短縮しました
おかげで乾燥時間が短くて済み短期間のうちに完成させることができました
DSC02529.jpg

ホイールはアオシマの最近のものです
シャープに形成されておりメッキの乗りも良かったのでこれを活かす感じでダークククロームっぽくしました
DSC02532.jpg

DSC02535.jpg
各部のメッキモールはクリアーブラックを吹いてブラックスタイル風に仕上げました
内装の塗装もブラックスタイルっぽくしました

DSC02538.jpg
4台目ともなると窓枠のメッキモールやフロントグリルなどのミラーフィニッシュ貼りに慣れてしまいました
アスリートはフロントグリルの処理が不要な分製作が楽そうです

DSC02541.jpg
車高は低めにしてわずかにキャンパー角を付けています
このホイールセットについてくるタイヤはすり鉢状になっているためキャンパー角を付けても自然な感じに仕上がります

DSC02546.jpg
前回の夏クラウンよりもシンプルな感じに仕上がった分ラップ塗装の魅力を引き出せたかもしれません
冬のラップ塗装もシンプルな感じに仕上げるよう工夫したいです

DSC02550.jpg
以上です
何とか静岡オー通に間に合わせることができたのでよかったです
とりあえずラップ塗装作品の5台目の製作となりましたが前回の課題のシンプルさによる
製作機関の短縮を達成できたと思います
ミヤモテンでラップ塗装作品は普段車の模型に興味がない方にも受けがよく
ホビーショーなどの展示会向けだと感じたので来年に向けてもう何台か製作していこうと思います


おまけ
これまでのラップ塗装作品と一緒に
DSC02526.jpg

春作品はもしかしたらよりピンクが似合う車で更新するかもしれません…
DSC02521.jpg

残る冬作品は横浜オー通までには製作したいところです
DSC02517.jpg

DSC02514.jpg
以上です
9月28日の静岡オー通が楽しみです
2014-09-20 : 1/24 210クラウン ラップ塗装[アオシマ] : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

SOF

Author:SOF
主に車の模型をさっくりと組む模型人間です

最近はさっくりすぎて純正ディティールアップパーツすら用いないようになりました…

カテゴリ

検索フォーム

走行距離 ( km )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。