スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

レベル 1/24 BMW Z1 ロードスター 製作 完成編

比較的長い時間がかかってしまいましたが、何とかBMW Z1が完成しました
やはりホビーショー後は制作意欲だけはわくのですが実際作業するとなるとなかなかできない気がします…
それでも今後のホビーショーの新製品ラッシュの前に完成できてよかったです
(今回も画像は少し拡大できます)


まずはじめに今回はエンジンフードが閉まらない作品に仕上がってしまったのが残念です…
現状ネオジム磁石を仕込んでも調整は難しそうであらかじめボンネットのヒンジを加工しておくべきでした
という訳で今回の完成画像はボンネットは開状態のみです
閉状態は非常にみっともないのでお見せできないです…
(実際展示会などに持っていくときは基本的に開状態で展示するのでそれほど問題ないのかもしれませんが)

気を取り直して実車の紹介です
BMWZ1はなんといってもそのドアの開閉機構が特殊です
サイドシル内にドアが上下に動いて収納される量産車としては唯一の車種だと思います
この車の前には300SLもランボルギーニもごくありふれた車になってしまうほどの珍しさだと思います
またこのコンパクトなボディに直6エンジンを縦置きして収めているのにも驚きです
ちなみにZ1のZは未来という意味で後のZ3,Z8も同様の意味でZを冠しているようです
DSC08568.jpg

キットはこの特徴的なドアの機構が再現されており面白いと感じました
ただ今回製作したキットはボディのゆがみがひどくキットの開閉機構そのままだとドアがしっかりと下まで下がってくれないといった
理由で運転席側を下げた状態、助手席側を閉じた状態で固定して製作しました
また下げたときに見えるはずの空間がプラバン一枚だったのでこの部分を削り込みモールドをそれらしく再現してみました
DSC08570.jpg

内装はシートベルト関連を追加したくらいでキットのままでも雰囲気よく仕上がります
今回ゴムモールを追加しました
ドア内張りはのっぺらぼうですが実車もこのように何のスイッチもないようです
DSC08550.jpg

リアのエンジンフードも開閉可能になっていたのですがそのままだととんでもないくらい溝ができてしまうので
閉状態で固定して隙間をプラバンで埋めました
結果的にかっちりと仕上がってくれてよかったです
DSC08555.jpg

リアのZ1のエンブレムはキットのモールドを慎重に切り取ってシルバーで塗装し彩接着してみました
これが思ったよりもうまくいってデカールよりも立体感のある仕上がりになってくれました
ナンバープレートはいつものように0.2mmプラバンで薄く作り直しています
DSC08535.jpg

足回りはキットのままだとブレーキキャリパーが表側に見えない仕様だったので
モールドを移植してそれっぽく見えるようにしました
また前回のR8の教訓を生かしてホイール関連のパーツを製作の最後のほうにアラインメントを調整しながら取り付ける方法
で製作しました
この部分に関してはスムーズに製作できR8の教訓を生かせたと思います
DSC08576.jpg

ボディカラーは8番シルバーに色の源を混ぜてライトブルーメタリックにしてみました
8番シルバーはその粒子の細かさから恐ろしいほどのスケール感のあるメタリックに仕上がってくれます
8番シルバーベースの調色は発色もよいのでお勧めだと感じました
DSC08560.jpg

キットは最近再販されたにもかかわらずすでに品薄のようです
ガルウィングやバーティカルドアなどの開閉機構で満足できない方にお勧めできるキットですので
気になった方はぜひ製作してみてください
DSC08563.jpg

以上です
しばらくBMWが続きます
スポンサーサイト
2015-06-26 : 1/24 BMW Z1 [レベル] : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

レベル 1/24 BMW Z1 製作 シャシーなど最終組み立て

レベルBMW Z1の最終組み立てを行いました

キットは直6エンジンが再現されています
上面のみの再現ですがマニホールドなど雰囲気はよいです
部位ごとにシルバーの質感を変えながらそれらしくしました
DSC08510.jpg

エンジンは内装のパーツの全部に接着する形になります
エンジンルームの壁はボディカラーではなく黒色塗装されているようなので黒サフを吹いておきました
DSC08512.jpg

内装とボディとを組み合わせるとこんな感じです
特に干渉するといったことはなく追加したドア内張りのゴムモールを調整するだけではまってくれました
ボディ側のエンジンルーームはヒューズボックスなどがデカールで再現されており密度がある印象です
DSC08513.jpg

次にシャシーの組付けを行いました
ボディのバンパー類をあらかじめ接着しているため排気管などを組み付けるとボディと合体できなくなるので
この状態まで組みたてて合体させます
シャシーは全体を黒で塗装し細部はエナメルの筆塗りでそれらしくしました
DSC08514.jpg

シャシーとボディとを組み付けるのですが国産キットのようなタボ穴がなく無理やり接着する必要がありました
そのため写真のように強引にマスキングテープなどでシャシーがボディからはみ出さないよう位置決めをした後、
隙間にエポキシ接着剤を充填して固定しました
(そういえば前回のR8もこんな感じでした…)
DSC08517.jpg

シャシーを固定した後デフケースや排気管などを取り付けました
最後に前回加工しておいたタイヤ周りのパーツをほどよい車高になるように接着しました
このときブレーキキャリパーの位置に気をつけて接着します
車高は乗り心地がよさそうな高さにしておきました
DSC08518.jpg

シャシーが組みあがったので最後の組み立てを行います
別パーツになっているピラーを強引に位置を合わせて接着します
エンジンの補計器などもそれらしく塗り分けて接着しました
DSC08520.jpg

タンクのようなパーツは全体をラッカーの白で塗装した後
クリアーで希釈したエナメルのクリアーカラーを筆塗りして液体が入っている感じに塗装してみたのですが
クリアーイエローで塗装したものは中途半端な感じになってしまいました…
クリアーブルーで塗装したものは結構それらしくなってくれたと思います
この部分はもう少し経験が必要そうです
最後にホースバンドをミラーフィニッシュの細切りを貼りこんで再現しておきました
DSC08522.jpg

フロントスクリーンはいつものようにスモーク調で塗装しUVカットガラス風にしました
キットでは黒セラ(黒いふち)の塗装指示がなかったのですがそのままだと接着後が目立ってしまうので
これをごまかすためにそれらしく塗装しておきました
DSC08527.jpg

エンジンフードを支持するステーは0.4mmのアルミ線を用いました
写真で囲った位置に0.5mmの穴を開けこの部分に先端をくの字に曲げたアルミ線を差し込んでおきます
DSC085941.jpg


最後にライトカバーなどを固定しきり飛ばしておいたモールドを伸ばしランナーで再生して完成です
ただ残念なことにエンジンフードはどうやっても閉まってくれなさそうです…
DSC08587.jpg

次回完成写真です
2015-06-25 : 1/24 BMW Z1 [レベル] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

レベル 1/24 BMW Z1 製作 内装の組み立て

BMWZ1の内装を製作しました

Z1はオープンカーということもあり、完成後も内装がよく見えるので少し気になる部分に手を加えました

まずは定番のシートベルトのバックルをプラバンを適当な大きさに切り出してそれらしい位置に貼り付けました
最近バックルは普段プラバンに置き換えてしまうせいで使用しないナンバープレートのパーツを切り出しています
厚みなどもちょうどいい感じです
また実車の写真などを見るとシートベルトのガイドのようなものが比較的目立つ位置にあるのでこれを再現します
0.14mmのプラバンを細く切り出しこれを折り曲げて輪ができるようにしシートに接着しました
塗装後この輪の中にシートバルトを通します
DSC08497.jpg

シフトのカバーのようなものがキットだと再現されておらず中途半端な感じだったので
エポキシパテを練ってそれらしく造形しました
水でぬらした爪楊枝などを用いて形を整えたのですがなかなか思うような形にならず写真のような感じで妥協しました
DSC08501.jpg

その後全体をタン×ブラックで塗装しました
タンの部分にはいつものようにレッドブラウンでうっすらとシャドーをかけています
シャドーを吹いた後もう一回薄めに希釈したタンを遠くから吹き付けてやると境界がぼやけていい感じになってくれます
DSC08504.jpg

フロアマットもいつもの100均の貼れる布です
今回は運よく黒色の貼れる布を見つけたのでこれを用いました
ダイソーで売っているこの貼れる布はいろいろと便利なので見つけたら入手しておいて損はなさそうです
DSC08505.jpg

シートベルトの素材も100均製です
ただこのナイロンシートはほつれやすく何度も貼り付けをやり直しているとぼろぼろになってしまい厄介でした
バックルはタミヤのエアロセットの中のものを用いました
いつも思うことなのですが市販車メインで作るモデラーのために
よくわからないアジャスターなどを省いた金具だけのエッチングセットをどこか発売してほしいです
DSC08503.jpg

ダッシュボードもうっすらとシャドーを吹いています
コンソールなどはデカールで再現されていましたが貼り付けは形状がでこぼこなこともあり厄介でした
最近再販されたためデカールが新しくマークソフターとドライヤーで強引形状に合わせることができてよかったです
シフトノブのパターンもデカールで再現されており好印象でした
DSC08506.jpg

こんな感じで内装は完成です
次回に続きます
2015-06-24 : 1/24 BMW Z1 [レベル] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

レベル BMW Z1 製作 足回りの調整

今年のルマンはドイツ勢の争いといった感じで
日本勢が絡めなかったのが残念でした
ポルシェに関してはさすがの耐久レースの貫禄といった印象です


レベルのBMWZ1ですが気になっていたホイール関連を加工しました

キットのブレーキのパーツなのですが構成の関係か、ブレーキキャリパーが見えなくなる裏側のみ再現されている
というなんともいえない仕様になっています
(さらに表側は後述するようにブレーキディスクはデカールでの再現になっています)
さすがに表側にないのは悲しくなるので裏側のモールドをカッターナイフで切り離し表側に移植することにします
DSC08450.jpg

その前に足回りの車高などのアラインメントの調整に関してです
前回のR8で最後の最後で厄介な思いをしたので今回はあらかじめ対策しておきます
とはいってもサスペンションのアップライトのパーツの軸をあらかじめ切り取って接着面を平らに削っただけです
(R8のときはボディとの合体後のせいで厄介でしたが組み立て前なら楽に作業できます)
DSC08451.jpg

切り取った軸はあらかじめホイールパーツの裏側に接着しておきました
ホイールはボディとシャシーを合体した後に車高などがほどよくなるよう接着しようと思います
DSC08452.jpg

話は戻ってブレーキキャリパーの再現です
切り取ったキャリパーはそのままだと厚みがありすぎるのでモールドの上面のみを切り離してその他はうすいプラバンで
それらしく作り直しました
DSC08456.jpg

次に全体を黒く塗装してブレーキディスクのデカールを貼りクリアーで保護した後
先ほどのブレーキキャリパーをシルバーで塗装して接着しました
最後のホイールの表側のパーツを接着して完成です
ぱっと見はそれらしくなったと思います
DSC08467.jpg

キットのタイヤ(右)は明らかに雰囲気が悪いのでジャンクパーツのタイヤを用いることにしました
おそらくフジミ製のものだと思うのですがちょうどぴったりなサイズのものがありこれを取り付けました
今回も改めてフジミはしっかりとしたメーカーだったと実感させられます…
DSC08472.jpg
2015-06-19 : 1/24 BMW Z1 [レベル] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

レベル BMW Z1 製作 ボディの塗装

今年のルマン24時間レースはかつてのワークス勢同士の熾烈な争いを感じさせてくれます
この中でトヨタ、日産の活躍に期待しています

レベルBMWZ1のボディ塗装を行いました

今回はメタリックに塗装しようと思います
そのため念入りに1200番の水研ぎで下地を作っておきました
DSC08469.jpg

下地としてまずはガイアの黒サフ→Exブラックを塗装しました
シルバー系は発色がよい分、油断していると塗り斑になりやすいのでいつも黒を下地にしています
DSC08470.jpg

次にクレオスの8番シルバーと色の源シアン、マゼンタを混ぜ合わせてうっすら青みがかったブルーを調色し
これをガイアのEx蛍光クリアーで半分くらいに割って塗装しました
8番シルバーはほかの高性能メタリックにはないきめの細かさが魅力的で
十分ボディ塗装にも使えると思います
DSC08471.jpg

その後デカールを貼ってラッカークリアーで押さえた後いつものように
ロックペイントのハイパークリアーSを3回に分けて吹き重ねクリアーコートしました

次回に続きます
2015-06-13 : 1/24 BMW Z1 [レベル] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

SOF

Author:SOF
主に車の模型をさっくりと組む模型人間です

最近はさっくりすぎて純正ディティールアップパーツすら用いないようになりました…

カテゴリ

検索フォーム

走行距離 ( km )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。