タミヤ 1/24 BMW Z3 製作 完成編

梅雨が開け関東は連日暑さが続き夏バテ気味で参ってしまいます。
それでもそろそろホビーショーの予約新製品の発売ラッシュなのでその前にお手つきを完成させておきました

という訳でタミヤBMW Z3の完成編です
(写真は拡大できます)

BMW Z3はBMWがマツダロードスターの成功を受けて開発した感じが強いオープンカーです
フロントのキドニーグリルなどぱっと見でもBMWと分かる特徴なデザインです
サイドのエラ状のダクトはBMW 507を模したものだそうでZ8やZ4でも同様のデザインが受け継がれています
DSC08979.jpg

Z3のキットはタミヤ以外にもレベルから発売されていたようですがほぼ目にする機会がありませんね
今回製作したものはタミヤ版のキットでさすがのタミヤらしく組み立てやすい内容でした
特に手を加えなくてもちゃんと完成できることはとても重要と改めて感じさせられます
DSC08939.jpg

例によって特に大きく手を加えることなくさっくりと組んでいます
各部のパーツの厚みを薄く削ってシャープにし、よく見える内装のシートベルトなどを追加したぐらいです
それでも十分な仕上がりになるのでタミヤのキットの地のよさを感じました
足回りも無調整ですがドノーマルな感じになってくれます
DSC08982.jpg

ボディカラーはガイアのバーチャロンカラーシリーズのターコイズメタリックです
この色は色味、発色、きめの細かさの3拍子がそろった非常に使いやすい塗料でボディカラーにお勧めです
特にきめの細かさはクレオスの8番シルバーと同じくらいでありながらよりメタリック感が強い仕上がりになるので驚きです
DSC08984.jpg

内装はボディカラーに合わせてタン内装にしました
例によって単調にならないよううっすらと陰の部分にシャドーを吹いています
フロアマットはおなじみの100均の貼れる布です
今回ドアロックの部分を伸ばしランナーで再現してみましたが完成するとドアゴムモールに隠れてほとんど見えなくなってしまいました
DSC08956.jpg

サイドのウィンカーは研ぎ出しの邪魔になるのでモールドを削り飛ばし
ミラーフィニッシュの空き箱とプラバンとの組み合わせで再現していました
ミラーフィニッシュの箱はラッカー塗料で簡単に塗装でき伸ばしランナーから削りだすよりも
今回のような均一な厚みが必要なパーツの造形には向いていると思いました
DSC08972.jpg

こんな感じでさっくりと組めるキットです
やっぱりこれぐらいのキットもたまにはいいものです
この時代の車のキットは他にもタミヤからいろいろと発売されているので(CLK、ボクスターなど)
積んでいるものも気が向いたら気分転換に処理したいと思います
DSC08960.jpg

最後は恒例のフロントビューで
(後から気づいたのですがキドニーグリルの内側は黒が正解のようです)
DSC08992.jpg

以上です
次回はやっと発売されたフジミの新製品の予定です
スポンサーサイト
2015-07-22 : 1/24 BMW Z3 [タミヤ] : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

タミヤ 1/24 BMW Z3 ロードスター 製作 内装 最終組み立て

関東では梅雨が明けかなり暑い日々が続いており模型製作中も熱中症には十分注意したいところです
自分の場合はエアブラシでの塗装に夢中になっていると水分補給を忘れがちなので特に気をつけたいと思います

タミヤのBMWの内装を組み立てました
タミヤのキットなので特に問題なく製作できます

シートは合わせ目を瞬着で埋めた後シートベルトの受けとシートベルトのガイドをプラバンで追加しました
s-DSC08485.jpg

シートベルトのガイドの部分は箱絵を参考に0.2mmプラバンをそれらしく切り出して黒く塗装して用いました
s-DSC08490.jpg

加工箇所はそれぐらいで後は塗装して組み立てれば完成です
基本塗装をタンで行った後レッドブラウンでうっすらとシャドーを吹きました
シートベルトは前回紹介した100均製のもので金具はタミヤのGTウィングセットから流用しました
s-DSC08495.jpg

フロアマットもいつもの100均の貼れる布です
ドア内張りの上部にはプラバンでウィンドウのゴムモールを再現しました
また同じく内張り上部に0.5mmの穴を開けておきました
s-DSC08931.jpg

この穴に伸ばしランナーの先をあぶって丸めたものを差し込んでドアロックを再現してみます
この時代の車のドアロックはオープンカーだと目立ちやすい形状なので追加してみました
s-DSC08937.jpg

最終的にはこんな感じです
ないよりはましな程度ですが…
s-DSC08995.jpg

シャシーはタミヤのキットらしく何も加工する必要がなかったので省略します
インストにしたがって塗り分けるだけで十分でした

後は細部のパーツを仕上げます
ヘッドライトはクリアーパーツとメッキパーツの組み合わせによって再現されています
クリアーバーツの黒い部分はエナメル塗料で大まかに塗装した後爪楊枝ではみ出た部分を剥がして塗り分けました
クリアーオレンジの部分はクリアパーツの裏側から塗り分けたほうが楽だと思います
s-DSC08928.jpg

キドニーグリルは完全に抜けてないので裏からカッターナイフで削ってしっかりと貫通させました
s-DSC08484.jpg

ウィンドウもいつものようにスモークを吹いています
ウィンドウマスキングテープが付属しないため塗りわけが厄介でした
DSC08601.jpg

削り取ってしまったサイドウィンカーはミラーフィニッシュの空き箱を切り出して復活させました
土台の部分は0.14mmのプラバンでウィンカーよりも一回り大きく切り出します
DSC08602.jpg

ウィンカーは裏面にラピーテープを貼りクリアーオレンジで着色しました
s-DSC08930.jpg

エポキシ接着剤で接着して最終的にはこんな感じになりました
透明ランナーを削りだすよりも厚みも均一になり簡単だったと思います
DSC08980.jpg

次回完成写真です
2015-07-15 : 1/24 BMW Z3 [タミヤ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タミヤ 1/24 BMW Z3 製作 ボディの塗装

BMW i8が終了しましたがまだまだBMWを製作していきます
今回は確か2年前のホビーショーで手に入れたBMW Z3です
DSC08480.jpg

よく覚えていませんがパーツが一部脱落していたためかなり魅力的なん値段で購入したようです
DSC08481.jpg

特にパーツ欠品もなくデカールも問題なく使えるようなのでさっくりと製作していきます
タミヤのキットなのでほとんど手を入れなくても完成してくれるでしょう

まずはボディの加工です
フロントのナンバープレート取り付け用の穴を伸ばしランナーと瞬着で埋めました
DSC08473.jpg

また別パーツになっているサイドのダクトをあらかじめボディに接着しました
ダクトは一番前のみ貫通していなかったのでラインチゼルとカッターナイフで貫通させ紙やすりで整えました
そのほかの後方のダクトもうすうす攻撃をしてウレタンクリアーで埋まらないようにしておきます
DSC08474.jpg

その後ボンネットのウォッシャーノズルやサイドのウィンカーなどを削り落とし
捨てサフを吹いて全体を1200番の水研ぎで仕上げて下地を作りました
削り落とした部分は伸ばしランナーなどで作ります
このキットはパーティングラインが強く出ておりなだらかにするのが厄介でした
Aピラーの補強用ランナーは研ぎ出しが終了するまで残しておきます
DSC08475.jpg

まずは下地として
ガイア黒サフ→Exブラックを吹き付けました
今回はメタリック系にするので黒下地としています
DSC08476.jpg

次にガイアのバーチャロンカラーシリーズのターコイズメタリックを吹き付けました
この塗料はかなり発色がよく粒子のきめも細かいのでカーモデルにもお勧めです
その後ガイアのEx蛍光クリアーで保護した後、デカールをはってウレタンクリアーでコートし全体を研ぎだしました
DSC08599.jpg

ボディはこのあとマスキングして窓枠とドアノブを塗り分けておきました
次回に続きます
2015-07-11 : 1/24 BMW Z3 [タミヤ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

SOF

Author:SOF
主に車の模型をさっくりと組む模型人間です

最近はさっくりすぎて純正ディティールアップパーツすら用いないようになりました…

カテゴリ

検索フォーム

走行距離 ( km )