タミヤ 1/24  トヨダAA型 製作 完成編

もう完成してから一ヶ月以上たちますがタミヤ トヨダAA型の完成編です
今回も画像は拡大できます

キットはこのところクラシックカー路線だったタミヤから発売されたもので
現状最古の国産乗用車のキットになります
実際には1/35のミリタリーのキットの設計を流用できるから出されたといった感じがぬぐえないのですが
キットの内容はタミヤらしく充実したものに感じました
s-DSC00343.jpg

流線型をした流麗な実写の形状をしっかりと再現されていて最近の車にはないボディ形状だけに作っていて新鮮でした
また足回りなども構造を理解できるほどには再現されており無化しのっくるまのシャシーはこんな風になっていたのかと驚きました
特にタイヤの細さには驚きます
s-DSC00340.jpg

今回はクラシックカーにもラップ塗装は似合うのか試す目的でツートンカラーのラップ×ソリッドにしてみました
塗装しているときは微妙な感じでしたが最終的に組み立ててメッキモールやエンブレムなどがつくとそれらしい感じにまとまってくれた気がします
今年の静岡オー通でも受けが良かったように感じました
s-DSC00338.jpg

今後もタミヤがクラシックカー路線のキットを発売するのかは分からないですが戦後直後の車のキットはほとんどないに等しいので初代クラウンやカローラなど歴史的な車がキット化されたら新鮮だと思います
(実際には発売がアナウンスされているNDロードスターのような現行車種のほうが圧倒的にうれしいのですが…)
s-DSC00336.jpg

また今回もヘッドライトにのみ簡単な電飾を施しました
エンジンレスなためボンネット内に電池とスイッチを収めてます
今回は研ぎ出し後のボディのすぐそばで配線のはんだ付けを行うというリスキーな作業を経験させられました…
こういった配線のノウハウも模型の電飾には重要だと改めて感じました
s-DSC00347.jpg

キットに関してはこんな感じで終わりです
ラインナップ的にはかなり癖を感じるキットですが組みやすさや再現度などはタミヤらしくかっちりとしていると思います
今の車に飽きた人や刺激がほしい人には案外うってつけのキットなのかもしれません
s-DSC00352.jpg

おまけ
最新と最古のトヨダ乗用車
DSC09914.jpg

フジミのレクサスが現行まで対応してくれたおかげで奇しくもトヨタフラッグシップの最新と最古を並べることが出来るようになってます
DSC09908.jpg

この間80年ですが日本人の平均年齢くらいの間にここまで進化したことに驚きです
DSC09911.jpg
スポンサーサイト
2015-10-09 : 1/24 トヨダAA [タミヤ] : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

タミヤ 1/24 トヨダAA 製作 ボディ塗装 内装 シャシーの組み立て

トヨダAAの続きです
関西オー通向けに大急ぎで作ったのでほとんど写真が無いのでほぼダイジェストでいきます

ボディはいつものラップ塗装です
(塗装工程は撮り忘れました…)

ホワイト→マスキング→ブラック→タミヤエナメルメタリッククレイスタンプ→タミヤエナメルクロームシルバースタンプ→
ガイアクリアーレッド→デカール貼り→ウレタンクリアーで仕上げました
DSC09853.jpg
ドアヒンジは丁寧に切り飛ばして別パーツ化しておき研ぎ出し後に接着しました
エンジンフードの押さえ金具は削っておいて後から板重りを使って再現しようと思ったのですが
ないほうがすっきりしているので追加しませんでした(ただ単に面倒だっただけですが)

お次はシャシーです
このキットは強度確保のためシャシー関連のパーツにABS樹脂が用いられています
そのためABS用の接着剤を用意する必要があるのですがこのキットのためだけに用意するのももったいなかったので
すべて100均の瞬着で組み立てました
接着強度確保のためシャシーを未塗装状態で組んでから半つや黒で塗装しました
DSC09869.jpg

シャシーはかなり力が入った再現だと思います
(ところどころにあけた固定用の穴が痛々しいですが)
DSC09870.jpg

トヨタ最古の乗用車のサスペンションの構造などを組みながら理解出来るキットで
最近の車にはまったくない構成なだけに作っていて新鮮でした
マフラーエンドの穴のみピンバイスであけています
DSC09871.jpg

ホイールはウレタンクリアーで艶々にしました
ホイールキャップはメッキパーツでガイアマルチプライマー→Exクリアーでメッキを保護しておきました
幅の狭いナロータイヤがかえって新鮮です
DSC09872.jpg


お次は内装です
少ないパーツ構成ですがシートの裏側のふたとなるパーツが用意されていてかなりの雰囲気です
DSC09859.jpg

配色はかなり適当です
シート類はガイアグレーサフ
それ以外は黒サフにグレーサフを混ぜたグレーで塗装しました
DSC09867.jpg

ウッドパネルはロータスヨーロッパと同様にガンプラ用のスミイレマーカーを用いました
下地にウッドブラウンを吹いた後スミイレマーカーのブラウンとブラックで適当な模様を書きこれを綿棒でこすったりして
ところどころぼかした後上にクリアーオレンジを重ねてみました
ぱっと見る分にはそれっぽい雰囲気になってくれたと思います
DSC09861.jpg

製作途中の写真がもう無いので製作記はこれで終わりです
次回完成写真です
2015-09-15 : 1/24 トヨダAA [タミヤ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

タミヤ 1/24  トヨダ AA 製作 ヘッドライトの電飾

関西オー通も終わったので新たに製作記を始めます

今回製作していくのはタミヤから発売されたトヨダAAです
発売当時はBMW i8があったせいで見向きもしませんでしたが他に製作するキットが無かったので物は試しと製作していきます
(すでに完成していますが…)
DSC09901.jpg

まずはヘッドライトを光らせようと思います
このキットのヘッドライトは特長的な形をしているので光らせたら面白そうというのもあります
思っていたよりもヘッドライトヘゼルのサイズが大きくチップLEDなら問題なく収まりそうです
DSC09480.jpg

という訳で早速加工してきます
まずはリフレクターの中央部分に2mmの穴を開けました
この部分の裏側にチップLEDをセットします
DSC09484.jpg

LEDをセットしやすくし、光を効率的に前面に投射するために裏からプラの厚みを薄く削っておきます
チップLEDは光が横方向に拡散しやすいので薄ければ薄いほど無駄な光が減ってくれます
DSC09485.jpg

ヘッドライトの配線はライトヘゼルの取り付け軸が十分に太いのでこの中にポリウレタン線を通して行いました
軸の部分に0.5mmのピンバイスで穴を開けこの中に0.15mmのポリウレタン線を2本通します
DSC09487.jpg

LEDは3mm角ぐらいのチップLEDを用いました
配線は両面テープにLEDを固定して行うと楽です
横の小さいチップLEDは今回用いませんでした
DSC09475.jpg

このチップLEDをヘッドライトリフレクターの裏に瞬着仮止め→エポキシ接着剤充填で固定し
写真のように配線を巡らせてLEDの仕込みを行いました
結構スペースがあり干渉するといったことは無かったです
DSC09486.jpg

リフレクターにあけた穴はそのままにしておくと目立つので少しでもごまかしておきます
ロータスのときと同様に透明な伸ばしランナーをあぶってレンズ上に加工したものを字句を少し残して切り
穴の部分に接着しました
DSC09488.jpg

最終的にはこんな感じになります
レンズ越しに見る分には十分ごまかせたでしょうか
DSC09849.jpg

ただ今回は厄介なことに研ぎ出し後のボディに固定した状態で内部の配線をはんだ付けする必要があり
かなり心臓に悪い思いをさせられました…
写真のように0.15mmポリウレタン線を捩じらせてリード線につなぎました
ボディを溶かしたり傷つけたりすることが無くてよかったです
DSC09847.jpg

お次は電源です
エンジンレスなキットのため搭載場所には困りません
エンジンがある部分に問題なく収まってくれる100均のサイクルLEDライトと可変抵抗、47オームの保護抵抗を
写真のように配線しました
今回はスイッチを操作しやすいようスイッチの表面にドリルでくぼみをつけたプラバンを瞬着で固定しています
DSC09850.jpg

これらをシャシーのパーツに固定しました
シャシーにはあらかじめ操作用の穴を開けておきそこにあうように両面テープや瞬着で位置決めした後
エポキシ接着剤を充填しました
DSC09857.jpg

最終的に光らせてみるとこんな感じです
明るさは可変抵抗をシャシー下面からいじることで簡単に調整できます
今回はボディを塗装した後のはんだ付けやポリウレタン線の使用など色々初めてなことが多かったのですが大きなトラブル無く
電飾出来て良かったです
DSC09855.jpg

次回に続きます



2015-09-04 : 1/24 トヨダAA [タミヤ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

SOF

Author:SOF
主に車の模型をさっくりと組む模型人間です

最近はさっくりすぎて純正ディティールアップパーツすら用いないようになりました…

カテゴリ

検索フォーム

走行距離 ( km )