BEEMAX 1/24 シボレークルーズWTCC 製作 完成編

名古屋オー通の前には完成していたのですが
まだまとめていなかったBEEMAXシボレークルーズWTCCの完成編です

(画像は拡大できます)

今回初めてBEEMAXのキットを製作したのですが
思っていたよりもかなりしっかりとしているキットで驚かされました
特に組みにくい部分もなくパーツ自体もバリなどがほとんど目立たないほどきれいに成形されています
s-DSC01921.jpg

キット自体はいまどき珍しくなった現代のレーシングカーということでかなり新鮮味を感じます
特にWTCC車両がプラモデル化されるとは思ってもいませんでした
s-DSC01936.jpg

カラーリングはデカール+塗り分けで再現するようになっています
今回はデカールで色分けされている部分の一部を塗装で塗り分けその後デカールを貼りました
ブルーの部分の色身はデカールと指定の塗料とでばっちりとあっているのはアオシマの努力のおかげでしょうか
s-DSC01930.jpg

大きくいじった部分はありませんが塗りわけや研ぎ出しのしやすさを考慮して
ドアハンドルのみ別パーツ化しておきました
この部分があらかじめ別だとかなり塗装などが楽になるのでできれば別パーツで用意しておいてほしかったです
s-DSC01928.jpg

フロントの牽引用の輪は100均の布補修シートを用いました
キットのプラパーツよりもよりらしくなってくれたと思います
s-DSC01925.jpg

製作の注意点としてリアのテールランプの塗り分けがあります
写真などを参考にして下半分のふちの部分もクリアーレッドにしました
ちなみに各部のクリアーパーツは恐ろしいほど精度良く形成されていて無調整ではまってくれます
s-DSC01929.jpg

ルーフの大判デカールの貼り付けが厄介に思えますがデカールを貼る前にしっかりとつやを出しておけば
問題なく密着してくれます
ルーフの半つや黒の部分を塗り分けるためマスキングテープを貼ったりしましたが何とかはがれずに持ちこたえてくれました
s-DSC01944.jpg

またルーフ上のアンテナはのばしランナーを用いて細めにしました
キットの基部のみ流用してそこに伸ばしランナーを接着するだけでかなりシャープな印象になります
s-DSC01942.jpg

ヘッドライトにもお手軽電飾を施しました
明るさ重視でかなり無理やりLEDを仕込みましたが光らせればあまり問題には感じません
s-DSC01955.jpg

電源もキットの内部に収めて内蔵する形にしています
フロントに十分なスペースがあったので明るさ調整用の可変抵抗と
100均の自転車用LEDライトの中身を問題なく収めることができました
s-DSC01961.jpg

という訳でなかなかお勧めなキットだと思いました
ルーフの国旗が鮮やかなので3台集めたくなってしまいます
レーシングカー好きな人には特にお勧めです
スポンサーサイト
2015-12-12 : 1/24 シボレークルーズWTCC (BEEMAX) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

BEEMAX 1/24 シボレークルーズWTCC 製作 ヘッドライトの電飾

BEEMAXのシボレークルーズWTCCのヘッドライトにLEDを仕込みました

ヘッドライトハウジングはかなり雰囲気よく造形されてます
まずはバルブの部分に0.8mmの穴をあけました
s-DSC01101.jpg

さすがにこの穴だけだと明るさが不足しそうだったので
思い切ってハウジングの奥まった部分にLEDの先端を覗かせることにします
そのため先程空けた穴をガイドにして裏側から3mmのピンバイスで穴をあけました
s-DSC01104.jpg

こんな感じになるように穴をあけました
この穴に3mmの砲丸型LEDをはめます
s-DSC01103.jpg

3mm砲丸型LEDをそのままはめてしまうとLED特有の黄色い部分が目立ってしまうのでLED先端に
うっすらとガイアのダークステンレスシルバーを塗装しておきました
薄く塗ったぐらいではほとんど光をさえぎらないので黄色い部分が見えなくなる程度まで重ねました
s-DSC01108.jpg

その後いつものように100均のサイクルLEDライトの中身を取り出して電源とし2kオームの可変抵抗と47オームの保護抵抗を間に挟む形で配線しました
s-DSC01116.jpg

細部を塗装してボディに組み込んでみるとこんな感じです
少し組み込んだLEDが見えますがそれほど目立たないくらいにはごまかせたでしょうか
s-DSC01631.jpg

実際に光らせてみるとこんな風になります
前照灯らしくそれなりに明るい感じです
s-DSC01630.jpg

ボディのウレタンコートも終了しているので後は問題なく完成できそうです
2015-11-09 : 1/24 シボレークルーズWTCC (BEEMAX) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

1/24 シボレークルーズWTCC 製作 内装の組み立て

シボレークルーズの内装を組み立てました

レーシングカーらしくプレス加工された内張りがむき出しになってます
シートベルトはデカールでの再現となっています
この車はウィンドウの開口面積が小さく完成後ほとんど目立たないのでデカールでも問題なさそうです
s-DSC01142.jpg

ただデカールだけだとシート後部に伸びるシートベルトが再現できないので
その部分には100均の衣服の補修シートを細切りにして貼りこんでおきました
s-DSC01147.jpg

パーツの精度はかなり素晴らしくて組みやすかったです
ロールゲージなどもかっちりと組み上げることができました
s-DSC01141.jpg

またこの手のレーシングカーのキットにしては珍しく内装にケーブルなどがモールドされていました
この部分は本塗装後にタミヤエナメルの黒で塗装しています
s-DSC01139.jpg

BEEMAXキットは前回のセリカで内装に不安があったのですがかなり改善されているようです
s-DSC01137.jpg

次回に続きます
2015-11-05 : 1/24 シボレークルーズWTCC (BEEMAX) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

1/24 シボレークルーズWTCC 製作 シャシーの組み立て

BEEMAX シボレークルーズWTCCのシャシーを製作しました

タイヤにはメーカーロゴのデカールを貼るようになっています
タイヤにデカールを貼ったままだとその部分だけつやが変わってしまうので目立たないようにしていきます

まずはホイールをクレオスのクールホワイトで塗装します
そこにタイヤをはめました。タイヤは表裏があるので要注意です
タイヤをはめた後ガイアのマルチプライマーをタイヤの部分にのみ吹き付けます
マルチプライマーは硬化に20分くらい掛かるのでしばらく放置した後その絵上にExクリアーを吹き付けてある程度つやを出しました
こうすることでデカールの密着がかなりよくなってタイヤの上でも貼りやすくなります
s-DSC01109.jpg

その後ホイールとタイヤにそれぞれデカールを貼りました
乾燥した後、まず全体をExクリアーでコートします
その後タイヤの部分のみを狙ってつや消しクリアーでコートしました
こんな感じにするとデカールのニスが目立たなくなりまた完成後にはがれてくることもまずなくなります
s-DSC01114.jpg

お次はシャシー周りです
基本的にインストに近い色で塗り分けました
ブレーキディスクはカーボンっぽい質感を出すためガイアの黒サフにダークステンレスシルバーを適量混ぜて塗装しました
そのほかは筆塗りで塗り分けてます
s-DSC01113.jpg

シャシー全体は適当に黒とシルバーを混ぜて塗装しました
今回は電飾を仕込むための穴をフロントの部分に2箇所開けています
また土台に固定するためのナット用の穴もあけて置きました
s-DSC01112.jpg

足回りは少ないパーツ数で雰囲気よく再現されてます
シャシーのモールドも完成後アンダーカバーでほとんど見えなくなるにもかかわらずFF駆動であることが分かるようになっていました
s-DSC01111.jpg

リアも少ないパーツ数ですがちゃんとサスの形を再現しています
パーツのタボ穴なども工夫されていて組みやすかったです
s-DSC01110.jpg

今回もヘッドライトを光らせるための電源をフロント部分の空洞に仕込みました
先程あけておいた2つの穴に可変抵抗とスイッチが合うように電源ユニットを配置しています
s-DSC01129.jpg

今回は以上です
次回に続きます
2015-10-29 : 1/24 シボレークルーズWTCC (BEEMAX) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

1/24 シボレークルーズWTCC 製作 ボディのデカール貼り

BEEMAXのシボレークルーズWTCCのデカール貼りを行いました

デカールはそれなりの量が付属していてなかなか貼りがいがあります
マーキングはストライプの上にスポンサーロゴを重ねていく形になるので先にストライプのデカールを貼り付けました
s-DSC01368.jpg

厄介そうな部分はあらかじめ塗り分けておいたのでかなり楽にマーキングできたのですが
フロントからボンネットにつながる濃いブルーラインのデカールがかなり貼りにくかったです
この部分も塗り分けておけば良かったと後悔しました
s-DSC01369.jpg

ラインのデカール貼りが終わった後スポンサーロゴやルーフの国旗などのデカールを貼り付けました
デカールの質はかなりよく感じました
丈夫である程度乱暴に扱っても破れたりせず、糊も強い感じで一度密着させるとしっかりと貼り付いてくれました
s-DSC01372.jpg

ルーフのデカールはかなり大判のものなので少ししわができてしまうのですが
タミヤのマークソフターとドライヤーで何とか伸ばしてなじませました
s-DSC01375.jpg


またボディ以外にもウィンドウにデカールを貼る必要があります
クリアーパーツにデカールを貼る場合あらかじめ密着をよくするためにラッカークリアーを吹いておきます
いつものようにスモーク調に調色したクリアーカラーをデカールを貼る面に吹き付けました
s-DSC01380.jpg

その後ハチマキなどのデカールを貼り付けました
これらはボディと一緒にクリアーコートした後でと一緒に研ぎだそうと思います
s-DSC01384.jpg

これらのデカールを貼った後、全体にラッカークリアーを吹いてウレタンクリアーでデカールが浮かないよう押さえつけておきました
十分乾燥させた後ウレタンクリアーでコートしていきます

次回に続きます
2015-10-25 : 1/24 シボレークルーズWTCC (BEEMAX) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

SOF

Author:SOF
主に車の模型をさっくりと組む模型人間です

最近はさっくりすぎて純正ディティールアップパーツすら用いないようになりました…

カテゴリ

検索フォーム

走行距離 ( km )