童友社 1/43 ポルシェ カイエン 製作 完成

3月にボディを塗装したまま熟成期間に入っていたポルシェ カイエンを完成させました
(完成させたのは日曜日ですが)

ボディは砥ぎ出し後窓枠などを塗装しました
DSC01365.jpg
ボンネットのエンブレムはホビーデザインのものです
1/24のホイール用のものを貼り付けました

内装はボディーカラーに合わせてタン系にしました
DSC01368.jpg
タンの部分にには単調にならないようにシャドーを入れました
またパネル部分はウッド調にしました

ウィンドウ部分は素木彫塗装を施したのち窓枠部分をブラックで塗装、
その後内張り部分をエナメル塗料で塗りました
DSC01367.jpg

シャシーは例によってシンプルな構成
DSC01366.jpg
ホイールに貼るマークがセットされていましたがそのままでは糊が弱く刃貼れなかったため
エポキシ接着剤で固定しました

これらを組み付けて小物を取り付け完成しました
DSC01371.jpg

カイエン=某野球選手というイメージがあります
DSC01373.jpg

こういった外車のSUVは立体化される機会が少ないだけにうれしいラインナップです
DSC01374.jpg

ハイマウントストップランプはラピーテープの細切りを貼りました
DSC01375.jpg

エアーインテーク上部のLEDライナーのような部分には
長谷川のシルバーカーボンフィニッシュの細切りを貼りました
DSC01376.jpg

ルーフがグラストップとなっているため内装がよく見えます
DSC01377.jpg

ダークグリーン系ボディ+タン内装はテンプレ的なセットですがどんな車にも似合う気がします
DSC01378.jpg

このシリーズは出来は良いので新シリーズを早く出してもらいたいものです
DSC01379.jpg

最後にカタログっぽく
DSC01380.jpg

次に組むキットも決まったので新作に取り掛かりたいと思います
スポンサーサイト
2014-06-30 : 1/43 SUV [童友社] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

童友社 1/43 メルセデスベンツ ML500 製作 完成

お手付き品のベンツML500を完成させました

ボディは塗装後砥ぎ出してありました
DSC01354.jpg
塗装は確か
ガイア黒サフ⇒GXメタルブラック⇒ムーンストーンパール
だったと思います

DSC01355.jpg
シャシーはシンプルな構成です
エナメル塗料で色をさしています

DSC01356.jpg
ウィンドウパーツもそれらしく着色してありました
厚みが目立たないようふちを黒く塗りつぶしています

DSC01352.jpg
内装はグレーをベースに黒を加えました

これらを組み付けました
DSC01357.jpg
パール塗装のためか結構ぎらついています

DSC01359.jpg
車高もいい感じです

DSC01358.jpg
ルーフのキャリアーは嵌めこみがきつかったためカッターで取り付け部分を削りエポキシ接着剤で固定しました

DSC01360.jpg
マフラーカッターはメッキパーツが用意されており良いアクセントになりました

DSC01362.jpg
フロントグリルもメッキパーツで豪華な感じに
エナメルのゼミグロスブラックを塗装後、凸部分の塗料を拭きとりました

DSC01363.jpg
ドアハンドル部は角を出してしまったためライトステンレスシルバーで塗装しています

DSC01364.jpg
このキットもランボルギーニウルスと同様、値段の割にはパーツなどがしっかりとしており
お買い得と感じました
車種のラインナップも魅力的です
ただスナップフィットがきついため無理をしないで組み立てる必要がありそうです

2014-06-29 : 1/43 SUV [童友社] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

童友社 1/43 ランボルギーニ ウルス 製作 完成

お手付き品の童友社のランボルギーニ ウルスを完成させました

とはいってもボディ、シャシー、内装は塗装済みの所で製作が止まっていたのですんなりと完成しました

ボディは砥ぎ出したのち熟成期間に入ってたようです
DSC01336.jpg

確かボディは
ガイア黒サフ⇒GXメタルブラック⇒ムーンストーンパール⇒クリアーウルトラマリンブルー
で塗装した気がします
ただ窓枠などが塗装されていなかったためマスキングして黒を吹きつけました

DSC01335.jpg
ウィンドウパーツも着色してありました
ただ結構厚みが目立つのでふちの部分をサインペンなどで黒く塗りつぶしておきました

DSC01339.jpg
内装はグレーをベースに細部をエナメル塗料で塗り分けてありました
1/43のキットですがダッシュボードの造形などい気合の入ったキットになっています

DSC01337.jpg
シャシーはステア不可の構成ですがホイールの造形などはしっかりとしています

DSC01338.jpg
見えにくいですがブレーキキャリパーやディスクもしっかりと造形されています

これらのパーツはスナップフィット+ネジ止めで固定さていきます
DSC01340.jpg
ボディにウィンドウとダッシュボードを取り付け

DSC01341.jpg
さらに内装のパーツを取り付けます

DSC01343.jpg
最後に前後の2か所をキット付属のドライバーとネジで締めつけます
これに細部のパーツを取り付けて完成です

DSC01344.jpg
1/43のキットですが雰囲気はなかなか良いです

DSC01345.jpg
ボンネットやホイールのエンブレムはインタレットマークがセットされていましたが
糊の粘着力が弱いため台座からはがしてエポキシ接着剤で固定しました

DSC01346.jpg
キットの車種はランボルギーニのコンセプトモデルとのことです

DSC01348.jpg
ドアサイドのサイドミラーのようなものはミラーではなく後方に向けられたカメラのようです

DSC01347.jpg
SUVとはいえどランボルギーニらしさがあります

DSC01349.jpg
この車高の高さでディフューザーが機能するのかは疑問ですが

DSC01351.jpg
このキットのシリーズは量販店などで500円と少し程度で購入できますが、中身はとてもしっかりとしています
内装のパーツも1/24のキット並みに分割されています
ただ基本的にスナップフィットとなっているためパーツのはめ合いがきついところが多いです
細かいパーツなどはタボを切り飛ばしエポキシ接着剤で固定しました

DSC01350.jpg
以上です
まだ童友社の1/43はお手付きがあるのでしばらく処理していきたいと思います







2014-06-28 : 1/43 SUV [童友社] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

童友社 1/43 SUV ウレタンクリアコート

アオシマのCR-Vと一緒に1/43sにもウレタンクリアを吹きました

使用したウレタンクリアはロックペイントのハイパークリアーSです

1時間間隔をあけて計3回吹き付けました
このウレタンクリアは重ねぶきしても問題ないようです
DSC00633.jpg
ベンツと
DSC00631.jpg
ポルシェ
DSC00632.jpg
そしてアウディです

蛍光クリアーのテストに用いたCR-Vはこんな感じです
DSC00629.jpg
蛍光クリアーの効果はあまり感じられません
太陽光に当てるとちょっと青みが強まるといった感じです

そろそろアリストもウレタンコートできるころ合いでしょうか
DSC00627.jpg
2014-03-17 : 1/43 SUV [童友社] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

童友社 1/43 SUVシリーズ製作 1

また童友社の1/43を製作していきます
手軽に製作できるためついつい作りたくなってしまいまた購入してしましました
今回は3台同時に製作していきます
ボディーカラーは3台とも同じにする予定です

とりあえず1日1台、ボディの筋彫りと1000番のペーパでの表面処理を終わらせておきました
1/43スケールのため1台につき1時間程度で塗装前の処理が終わるため平日の夜の作業にはもってこいです
まずはボディーとサイドミラーなどの小物類にまとめてサーフェイサーを吹きつけました
サーフェーサーはExブラックとガイアのシルバーサーフェーサーを1:1ぐらいで混ぜ合わせたものを使用しました
DSC00594.jpg

ボディーカラーはダークグリーンマイカにします
横浜オー通でも評判が良かった色です
塗りムラの出にくさと色としての美しさのバランスが取れているため気に入っています
この色を塗って仕上げるとこんな感じになります(画像は拡大できます)
DSC00387.jpg

調色レシピは非常に簡単です
まず、クレオスのクリスタルカラーのトルマリングリーンとガイアのExブラックを
トルマリングリーン:ブラック=2:1ぐらいの割合で混ぜたものを明るめのサーフェーサーの上に
これ以上濃くならなくなるところまで吹き重ねていきます
DSC00596.jpg


通常パールカラーは黒下地を作ったのちにその上にパール層を塗装することが多いのですが
塗りむらを作らずに塗装することが難しいので黒とパールを混ぜて塗装します
黒が塗料に含まれているため隠ぺい力が強くなります
また明るい下地の上に吹き重ねていくことでだんだんと濃くなっていき
ある程度吹き付けるとそれ以上濃くならなくなります
このため塗りむらを抑えることができます
DSC00598.jpg

この混合色の塗装には以下の注意点があります

まずこのパールと黒の混合色の塗装時にはエアブラシのうがいを用いて適当な間隔で塗料を撹拌する必要があります
余り長時間塗装しているとパールの粒子がエアブラシのカップの底のほうに沈殿してしまうためです

また、最後の塗料がエアブラシから吹き出る時の塗料は塗装対象に吹き付けないでください
この最後にブシュと出る塗料はエアブラシのカップの隅に蓄積したパール粒子が一緒になって飛び出すため
パールの含有率が高くなり塗ったところが他の部分よりも明るくなってしまいます

この塗料はパール粒子が含まれているため一度に大量に吹き付けるとパールの粒子が泳いでしまいます
そのため一度に大量に吹き付けずに薄く何回かに分けて吹き付けることをお勧めします
また全体がこれ以上濃くならないところまで塗装されたら最後に砂吹きの要領で
全体に遠くからうっすらと塗料を吹き付けます
このことで全体のパールの輝き方を均一にします


黒とパールの混合色を塗り終えてこんな感じになりました
DSC00600.jpg
この時点ではパール粒子によって半艶に仕上がります

この時点ではExブラックに由来する赤味が残っています
またこの上にウレタンクリアを吹くとパールの粒子が泳いでしまう可能性があります
この赤味を消しパールの粒子を抑えるためにクリアーグリーンを重ねます
今回はガイアのクリアグリーンを用いました
このクリアグリーンは薄く1回吹き付ける程度で十分です

クリアグリーンを吹き付けるとこんな感じになります
DSC00604.jpg

今回はここまでです
この後CR-Vと一緒にウレタンクリアーでコートしていきます
アリストはまだ乾燥中です




2014-03-09 : 1/43 SUV [童友社] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

SOF

Author:SOF
主に車の模型をさっくりと組む模型人間です

最近はさっくりすぎて純正ディティールアップパーツすら用いないようになりました…

カテゴリ

検索フォーム

走行距離 ( km )