スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

童友社 1/43 ポルシェ カイエン 製作 完成

3月にボディを塗装したまま熟成期間に入っていたポルシェ カイエンを完成させました
(完成させたのは日曜日ですが)

ボディは砥ぎ出し後窓枠などを塗装しました
DSC01365.jpg
ボンネットのエンブレムはホビーデザインのものです
1/24のホイール用のものを貼り付けました

内装はボディーカラーに合わせてタン系にしました
DSC01368.jpg
タンの部分にには単調にならないようにシャドーを入れました
またパネル部分はウッド調にしました

ウィンドウ部分は素木彫塗装を施したのち窓枠部分をブラックで塗装、
その後内張り部分をエナメル塗料で塗りました
DSC01367.jpg

シャシーは例によってシンプルな構成
DSC01366.jpg
ホイールに貼るマークがセットされていましたがそのままでは糊が弱く刃貼れなかったため
エポキシ接着剤で固定しました

これらを組み付けて小物を取り付け完成しました
DSC01371.jpg

カイエン=某野球選手というイメージがあります
DSC01373.jpg

こういった外車のSUVは立体化される機会が少ないだけにうれしいラインナップです
DSC01374.jpg

ハイマウントストップランプはラピーテープの細切りを貼りました
DSC01375.jpg

エアーインテーク上部のLEDライナーのような部分には
長谷川のシルバーカーボンフィニッシュの細切りを貼りました
DSC01376.jpg

ルーフがグラストップとなっているため内装がよく見えます
DSC01377.jpg

ダークグリーン系ボディ+タン内装はテンプレ的なセットですがどんな車にも似合う気がします
DSC01378.jpg

このシリーズは出来は良いので新シリーズを早く出してもらいたいものです
DSC01379.jpg

最後にカタログっぽく
DSC01380.jpg

次に組むキットも決まったので新作に取り掛かりたいと思います
スポンサーサイト
2014-06-30 : 1/43 SUV [童友社] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

童友社 1/43 メルセデスベンツ ML500 製作 完成

お手付き品のベンツML500を完成させました

ボディは塗装後砥ぎ出してありました
DSC01354.jpg
塗装は確か
ガイア黒サフ⇒GXメタルブラック⇒ムーンストーンパール
だったと思います

DSC01355.jpg
シャシーはシンプルな構成です
エナメル塗料で色をさしています

DSC01356.jpg
ウィンドウパーツもそれらしく着色してありました
厚みが目立たないようふちを黒く塗りつぶしています

DSC01352.jpg
内装はグレーをベースに黒を加えました

これらを組み付けました
DSC01357.jpg
パール塗装のためか結構ぎらついています

DSC01359.jpg
車高もいい感じです

DSC01358.jpg
ルーフのキャリアーは嵌めこみがきつかったためカッターで取り付け部分を削りエポキシ接着剤で固定しました

DSC01360.jpg
マフラーカッターはメッキパーツが用意されており良いアクセントになりました

DSC01362.jpg
フロントグリルもメッキパーツで豪華な感じに
エナメルのゼミグロスブラックを塗装後、凸部分の塗料を拭きとりました

DSC01363.jpg
ドアハンドル部は角を出してしまったためライトステンレスシルバーで塗装しています

DSC01364.jpg
このキットもランボルギーニウルスと同様、値段の割にはパーツなどがしっかりとしており
お買い得と感じました
車種のラインナップも魅力的です
ただスナップフィットがきついため無理をしないで組み立てる必要がありそうです

2014-06-29 : 1/43 SUV [童友社] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

童友社 1/43 ランボルギーニ ウルス 製作 完成

お手付き品の童友社のランボルギーニ ウルスを完成させました

とはいってもボディ、シャシー、内装は塗装済みの所で製作が止まっていたのですんなりと完成しました

ボディは砥ぎ出したのち熟成期間に入ってたようです
DSC01336.jpg

確かボディは
ガイア黒サフ⇒GXメタルブラック⇒ムーンストーンパール⇒クリアーウルトラマリンブルー
で塗装した気がします
ただ窓枠などが塗装されていなかったためマスキングして黒を吹きつけました

DSC01335.jpg
ウィンドウパーツも着色してありました
ただ結構厚みが目立つのでふちの部分をサインペンなどで黒く塗りつぶしておきました

DSC01339.jpg
内装はグレーをベースに細部をエナメル塗料で塗り分けてありました
1/43のキットですがダッシュボードの造形などい気合の入ったキットになっています

DSC01337.jpg
シャシーはステア不可の構成ですがホイールの造形などはしっかりとしています

DSC01338.jpg
見えにくいですがブレーキキャリパーやディスクもしっかりと造形されています

これらのパーツはスナップフィット+ネジ止めで固定さていきます
DSC01340.jpg
ボディにウィンドウとダッシュボードを取り付け

DSC01341.jpg
さらに内装のパーツを取り付けます

DSC01343.jpg
最後に前後の2か所をキット付属のドライバーとネジで締めつけます
これに細部のパーツを取り付けて完成です

DSC01344.jpg
1/43のキットですが雰囲気はなかなか良いです

DSC01345.jpg
ボンネットやホイールのエンブレムはインタレットマークがセットされていましたが
糊の粘着力が弱いため台座からはがしてエポキシ接着剤で固定しました

DSC01346.jpg
キットの車種はランボルギーニのコンセプトモデルとのことです

DSC01348.jpg
ドアサイドのサイドミラーのようなものはミラーではなく後方に向けられたカメラのようです

DSC01347.jpg
SUVとはいえどランボルギーニらしさがあります

DSC01349.jpg
この車高の高さでディフューザーが機能するのかは疑問ですが

DSC01351.jpg
このキットのシリーズは量販店などで500円と少し程度で購入できますが、中身はとてもしっかりとしています
内装のパーツも1/24のキット並みに分割されています
ただ基本的にスナップフィットとなっているためパーツのはめ合いがきついところが多いです
細かいパーツなどはタボを切り飛ばしエポキシ接着剤で固定しました

DSC01350.jpg
以上です
まだ童友社の1/43はお手付きがあるのでしばらく処理していきたいと思います







2014-06-28 : 1/43 SUV [童友社] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アオシマ BRZ パトカー 

本来ならばアオシマの新製品ラッシュが続いているころ合いですが、
予約が殺到したためかすべて発売延期になってしまいました
新しく作るキットを決めかねているため、前回ちょろっと映ったパトカーを紹介します

アオシマの1/24 BRZの架空のパトカー仕様です
DSC01277.jpg

BRZの工場がある群馬県にスバルから提供された車両という設定で群馬県警仕様にしました
DSC01278.jpg

デカールはアオシマのパトロールカーデカールセット東日本のものを用いました
DSC01279.jpg

警告灯はフジミのパトカーセットのものを用いました
DSC01281.jpg

よく見えませんがマフラーカッターを取り付けずに低グレードのマフラーとしています
アオシマのキットは86でいうRCグレード化が簡単にできるためマフラーの改造は簡単でした
DSC01280.jpg

白黒の塗り分けラインは地面と平行にせず、サイドウィンドウに平行になるようにしました
DSC01282.jpg

前部の警告灯はフォグランプの部分としました(ここにつけてもあまりよく見えなさそうですが)
アオシマのキットにのみ付属するLEDライナーも付けました
DSC01284.jpg

警視庁のエンブレムは本来スバルマークがつくところに貼り付けました
この車はここ以外に貼るところがありませんでした
DSC01283.jpg

同時に86のパトカーも製作しました
そのうち紹介したいです
DSC01285.jpg

86とは違い、低グレードでも前後バンカーをボディ塗装としています
DSC01286.jpg

これからもこういったお遊び的なスポーツカーパトカーをちょくちょく製作していきたいです
DSC01287.jpg
2014-06-27 : 過去作品紹介(~2013) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アオシマ 430 セドリックセダン パトカー 完成

最近アオシマのパトカーパーツCが入手困難となってあの仕様が作れないのが残念に思います

それはそれとして前回シャシーと合体したボディーに小物類を取り付けて無事
430セドリックパトカーが完成に至りました
(残念ながら横転したり炎上した写真はありません)
DSC01261.jpg
キットは去年の秋に発売されたアオシマ430セドリックのバリエーション展開第一弾になります

DSC01262.jpg
現在個人タクシー仕様のキットの予約も始まっておりアオシマの勢いを感じます

DSC01263.jpg
このキットは各種のパトカーパーツが新規金型で付属します
そのためこれまでのパトカーパーツなどを用いるものよりも雰囲気良く仕上がります
特に警告灯の出来栄えは秀逸です

DSC01264.jpg
またビックバンパーも付属しフロントの迫力を倍増させてくれます

できればリアのバンパーも新規金型で起こしてもらいたかったです
ここら辺は今後のバリエーション展開のためにもアオシマさんにお願いしたいものです

DSC01266.jpg
キットはシャシーに関しては非常に質素な感じに仕上げられています
これは賛否両論でしょうが行き先詰まりつつある模型業界のことを考えると賛成したいと思います
あまり見えないシャシーを簡略化してでも、こういったラインアップが充実していくことのほうがうれしいからです

DSC01270.jpg
相変わらずスモーク塗装のせいででよく見えない内装ですがパトカーの装備もきっちりと再現されています
内装のパーツは余剰パーツがでるのでいろいろと妄想がはかどります

DSC01267.jpg
アンテナは前回のステンレス線に0.5mmのスプリングを適当な長さに切ってかぶせ
そのスプリングに伸ばしランナーを差し込みました
また根元にタミヤのバイクのチューブを短く切ったものを取り付けされらしくしました

ウィンドウのモール部分は筋彫りを深くしてメリハリを付けました

DSC01268.jpg
フロントのヘッドライト下のボディ色の部分はあらかじめ切り離しボディ側に接着しました
この部分の処理はこのキットの山場の一つといったところでしょうか
ただパトカーの場合は黒一色になるためあらかじめ分割線を消さなくてもあまり目立たないかもしれません

DSC01272.jpg
なんだかんだ言いましたがこのキットはとてもいいものです
+200円でパトカーパーツがつくだけでなく、
セドリック用のホイールやグロリアのフェンダーミラーなどいろいろな余剰パーツも手に入ります
あの仕様にもできる警告灯の土台も付属し買い得です

今後のアオシマさんのためにもぜひ作ってみてください

おまけ
手持ちのパトカーと一緒に
DSC01274.jpg
DSC01275.jpg
DSC01276.jpg
やはりBRZは低重心であることを再認識しました









2014-06-25 : 1/24 430セドリック パトカー[アオシマ] : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

アオシマ 430 セドリックセダン パトカー 製作 小物類の製作

前回作の反省点を活かしてボディの取り付ける小物類の製作をちまちまと進めました

DSC01253.jpg
ヘッドライトのレンズは縁取りをサインペンなどで黒く塗ると多少くどい感じになるので
軽くスモークを吹いて厚みを目立たなくしました
メッキパーツはガイアのマルチプライマーを吹いたのちラッカークリアーを吹いて保護しています
また黒色パーツのメッキモールはミラーフィニッシュを貼りました

DSC01254.jpg
本キットの目玉の一つであるビックバンパー
ウィンカーのビスの部分にエナメルのシルバーをさしました

DSC01252.jpg
リアライトのクリアーパーツの上部は黒く塗りつぶしその上に細切りのミラーフィニッシュを貼りました
また着色されていない部分(オレンジ、赤ではない部分)の裏側にはラピテープを貼りました
これは赤い部分がリフレクターに反射して透明な部分までも赤く見えてしますためです

DSC01255.jpg
警告灯はかなり気合の入った構成になっており組み上げるだけでとてもリアルに仕上がります
ただクリアーレッドの部分はガイアのクリアーレッドを吹いて色調を濃いめにしました

DSC01256.jpg
ウィンドウは適当にスモーク調に着色しました
バックミラーの部分は少し角度を付けて固定しました
ミラー面にはラピテープを貼りました

DSC01259.jpg
フェンダーミラーには0.5mmの真鍮線を打ちました
ミラー面は軽く着色しています
複製したボンネット上のエンブレム等はガイアのダークステンレスシルバーで塗装後
デカールを貼りクリアーで保護しています
ボンネット両端のシルバーの部分は適当なプラバンを切り出し同様に塗装しました

ボディに取り付けるパーツを固定してボディとシャシーを合体しました
DSC01260.jpg
アンテナの取り付け部分には裏からホームセンターの0.38mmのステンレス線をL字に曲げて固定しました

後は小物類を固定して完成です

2014-06-24 : 1/24 430セドリック パトカー[アオシマ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

過去作品 タミヤ 1/12 ホンダ NR

430はウレタンクリアーを吹いて硬化中のため過去作品を紹介します
今回は前回完成させた1199に絡んでバイクの過去作品です

紹介するキットはタミヤのホンダNRです
DSC01239.jpg

このキットは初めて組んだバイクの模型となります
ちょうどカウルなどに合わせ目が生じないパーツ構成であったためとっつき易いと思い初バイクキットに選びました

今は合わせ目処理に慣れつつありますが
当時は砥ぎ出し時に分割線からべキッとやるのではないかと心配していました

DSC01240.jpg
キットはタミヤスタンダードといった感じでバイク初心者にもとても組みやすい内容でした
エンジン、フレームの組み立てと車とは違う工程が新鮮でした

DSC01241.jpg
ただカーボンデカールの貼り付けには苦労した記憶があります
タミヤ特有の薄いデカールのため慎重に貼り付けました

DSC01248.jpg
本体色はファンデーションピンクの上にガイアカラーのプレミアムレッドを吹いています
かなり明るい赤でぱっと見、赤よりも朱に近い感じがします

DSC01246.jpg
実車は1199と同じ片持ちのスイングアームとなっています
またなんといってもオーバルピストンエンジンを搭載した唯一の市販バイクでもあります
説明書を確認したところキットのエンジンブロックのシリンダーの断面が
真円になっていないというタミヤのこだわりを見ることができるキットです

DSC01250.jpg
初のバイク模型ということで各部の金属の質感を重視して製作した気がします
基本的にガイアのメタリックカラーを用いました
また各部にシャドーを吹いてメリハリを付けました

DSC01248.jpg
初のバイク作品ということでいろいろなバイク模型に関する特性のようなものに触れることができたキットでした

DSC01249.jpg
またそのうちバイク模型を触りたいです

2014-06-22 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アオシマ 430 セドリック パトカー ボディ塗装

梅雨の貴重な晴れ間にボディ塗装を行いました

前回下地処理をしたボディです
DSC01229.jpg

これに目止めと透け止めを兼ねてガイアの銀サフと黒サフを混ぜたものを吹きつけました
DSC01231.jpg

この上にクレオスのGXクールホワイトを吹きつけました
この色は比較的隠ぺい力が強くすぐに真っ白になってくれます
DSC01232.jpg

この上に軽くクリアーを吹いて黒色を塗装します

キットにはボンネットの塗り分けのためのマスキングテープが付属しますが
厚すぎてうまく貼れなかったため型代わりにしてマスキングテープを切り出しました
DSC01233.jpg

その後ボディをマスキングしました
サイドのマスキングはマスキングテープを一度カッティングマットに貼りカッターで切ってから貼りました
こうするとよりシャープに塗り分けることができます
その後ガイアのEXブラックを吹きました
DSC01234.jpg
最近、ボディの塗り分け時には全体をマスキングするようにしています
部分的にマスキングして慎重に塗装しても思いがけないところから黒色が吹きこんでしまうことが多いからです

DSC01235.jpg
黒が回り込むこともなく塗り分けることができました
ツートンカラーの塗り分け時には多少艶が出なくてもよいので砂ぶきの要領で
黒を吹きつけてやるときれいに塗り分けることができる気がします

塗りわけ後デカールを貼りました
DSC01236.jpg
トランクのデカールはガイドとなるものがないためマスキングテープを張ってこれを目印にしました

DSC01237.jpg
警視庁の文字は3文字がばらばらになっており位置決めを慎重に行いました
サイドの部分は塗り分けの協会が目印になってくれるため位置決めしやすかったです

DSC01238.jpg
反対側はこのように逆に貼るようです

この後クリアーコートに入っていきます


2014-06-21 : 1/24 430セドリック パトカー[アオシマ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アオシマ 430 セドリック パトカー 製作 ボディの処理

すでに早咲きの朝顔が咲き始め本格的な夏の近づきを感じるようになりました
今年は冷夏となる予報ですが一向に気配を感じさせません

セドリックの下地処理を進めました

ボディのワイパーがつく部分はボンネットを先に接着するため切り離しました
DSC01224.jpg
捨てサフを吹いているので車体がかなり汚いです

ボンネットのエンブレムはおゆまるで型取りしたのちタミヤの光硬化パテで複製しました
DSC01222.jpg
フェンダーミラーがつく位置に0.5mmの穴をあけておきました
マスキングテープをガイドにして左右対称になるようにします
またアンテナの部分にも0.5mmの穴をあけました

DSC01223.jpg
各部のパネルラインを0.2mmのラインチゼルで彫りなおしました
またヘッドライトと一体となっている部分は切り離しボディに接着し合わせ目を処理しました
また足りないパネルラインをいくつか追加しています
パネルラインについては詳しく解説されているブログがあるため割愛します

DSC01225.jpg
その後全体を#1000のペーパーまで水砥ぎして仕上げました

DSC01227.jpg
天候が崩れない間にボディ塗装を進めたいです
2014-06-20 : 1/24 430セドリック パトカー[アオシマ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アオシマ 430 セドリック パトカー 製作 内装、シャシーの組み立て

梅雨に入ったはずなのにここしばらくよい天気が続いてモデラーにとってはとても良い環境です

無事タミヤの1199が完成したので新作に取り掛かりました

キットは最近発売されたこいつです↓
DSC01220.jpg
いろいろな方がレビューされているためキットの詳細な内容は割愛します
とりあえずいろいろ余剰パーツや追加パーツがついて税抜き価格+200円はとてもお買い得だと思います

リアバンパーに関していろいろ言われていますがフロントビューはビックバンパーと相まって
とてもかっこいいので気にしないことにします
あまり文句を言って製作しないのも何なのでさっくりと組んでいきます

シャシーと内装を塗装組み立てました
パーツ数が少なくさっくりと組むことができます
DSC01200.jpg
シャシーはつや消し黒でと塗装後サスペンションなどの部分は半艶の黒としました
細かい塗り分けはエナメル塗料の筆塗りです

DSC01201.jpg
メッキのホイールキャップもしっとりとしたメッキで模型映えします
メッキの部分はガイアのマルチプライマーを吹いたのちラッカークリアーを吹いてメッキ表面を保護しました

内装は黒一色の塗装指示でしたが味気なく感じたためジャーマングレーでハイライトを入れました
DSC01197.jpg

シートベルトのバックルをプラバンから切り出して貼り付けました
この工作は手軽ですがよいワンポイントになると思います
DSC01202.jpg

DSC01199.jpg
新規で起こされたパトカー用装備品もいい感じです
ここら辺は少し時代を感じます

現状ボディパーツをちまちまと成型しています
2014-06-18 : 1/24 430セドリック パトカー[アオシマ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

SOF

Author:SOF
主に車の模型をさっくりと組む模型人間です

最近はさっくりすぎて純正ディティールアップパーツすら用いないようになりました…

カテゴリ

検索フォーム

走行距離 ( km )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。