アオシマ ReBORN PINK 86

今年最後の更新です
同時に最後の完成品になった作品の紹介でもあります

アオシマの86のReBORN PINKバージョンです
DSC05007.jpg

アオシマの86のキットはタミヤの86の後発となるだけあってトランクリッドの開閉など気合の入ったキットになっていましたがこれがかえって組みにくさだけを目立たせるという残念な感じになってしまったキットでもあります(あくまで偏見です)
DSC05014.jpg

自分は過去に組んだアオシマの86系のキットはすべてトランクリッドをエポキシパテで塗装j前に固定して製作してきました
それどころかボンネットもすべて閉状態で製作してきています
今回の製作でもボンネットトランクリッドはすべて閉状態で固定しています
DSC05017.jpg

また足回り、特にリアタイヤの固定が不安定でかっちりと車高を決めるのが難しいキットでもあります
車高を調整できるキットだけにこの点も残念です
DSC05019.jpg

さらにバンパーをあらかじめボディに固定するとヘッドライトのハウジングをそのままでははめれなくなるのも問題です
ただこの部分は簡単な後嵌め加工で何とかなります
DSC04982.jpg

ここまで散々な評価ですがタミヤのキットよりも劣るかというとそんなことはなく
むしろしっかりと製作して完成したものはタミヤのキットよりも良いできになると思います

まずウィンドウのパーツ構成がかなり良いです
トランクリッドをあらかじめ固定しておくとウィンドウの固定が楽になるばかりかボディとの段差がトミヤのキットよりも少なく
実車の雰囲気はアオシマのほうが上になります
(トランクリッドを固定しないと散々なことになりますが…)
またサイドウィンドウの段差も外嵌め式かつウィンドウと窓枠の一体形成のおかげで段差も自然な感じになります
DSC04986.jpg

また内装の再現や組み立て時のオプションもアオシマのほうがかなり充実しています
特に内装のルーフの内張りが再現されている点はとても良いと思います
シートの肉抜きもしっかりと覆うパーツが用意されているのも組む側としてうれしいです
DSC05000.jpg

外装に関してもドアハンドルが別パーツ、可倒式サイドミラーの分割線が彫りやすいなど
完成すると目立つ部分がしっかりとしています
トランクリッドがあらかじめ一体形成でライトのハウジングがバンパーとボディを固定した後でも取り付け可能
リアの足回りがもう少し組みやすい、といった構成ならばタミヤのキットを圧倒できたと思います
DSC04996.jpg

アオシマは現状最近のクルマを積極的にキット化してくれるため今後も期待したいです
また86のバリエーション展開もロケットバニーだけでなくTRDエアロなども展開してほしいです
DSC04951.jpg

おまけ
クラウンと
DSC04952.jpg

DSC04964.jpg
スポンサーサイト
2014-12-31 : 1/24 86 & BRZ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

今年の製作物(2014)

2014年もおしまいです
その前に2014年に製作(完成)した模型をまとめてみました

1  アオシマ 86 ロケットバニー
2  アオシマ セルシオ ラップ塗装
3  タミヤ カタナ
4  タミヤ  ポルシェ カレラGT
5  フジミ ヴェネーノ
6  フジミ アヴェンタドール
7  アオシマ CR-V
8  タミヤ 80ランクル
9  アオシマ アリスト ラップ塗装
10 フジミ マクラーレンF1GT-R
11 アオシマ マクラーレンF1GT-R
12 タミヤ アルファロメオ GTV
13 フジミ マクラーレン MP4-12C GT3
14 タミヤ CB750F
15 アオシマ CB400
16 タミヤ 911GT1 痛車
17 アオシマ アヴェンタドール
18 フジミ レヴェントン
19 アオシマ 210クラウンロイヤル
20 アオシマ アヴェンタドールロードスター
21 アカデミー ヒュンダイアゼーラ
22 アオシマ 200クラウン ラップ塗装
23 アオシマ 210クラウンロイヤル
24 アオシマ ムルシエラゴSV
25 アオシマ 210クラウンロイヤル パトカー
26 アオシマ 430セドリックパトカー
27 タミヤ Ducati1199
28 アオシマ ムルシエラゴSV
29 アオシマ アヴェンタドールロードスター
30 アオシマ 210クラウンロイヤルラップ塗装
31 アオシマ 210クラウンロイヤル
32 アオシマ ムルシエラゴR-SV
33 タミヤ モトグッチ V10
34 アオシマ R35 GT-R 2014
35 タミヤ R35 GT-R
36 フジミ R35 GT-R
37 アオシマ フェアレディZエアロカスタム
38 アオシマ 210クラウンアスリート
39 アオシマ 210クラウンアスリート
40 アオシマ 210クラウンアスリート ラップ塗装
41 ハセガワ サニートラック
42 アオシマ 86
43 アオシマ 200クラウンロイヤル
44 アオシマ 200クラウンアスリート

+童友社1/43

以上40台オーバーの完成となりました
バイクの製作台数が5台とかなり増えてきました
すでにハセガワのNSRも購入しているので来年もバイクの製作も続きそうです

来年は今年ほど製作時間を割けそうにないのですが新製品を中心に製作していきたいです
2014-12-31 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

アオシマ 86 製作 (罪プラ処理)

2014年も終わりに近づき模型にかける時間も中途半端になってきました

そんな中最近発売された86BRZのキットを同時に製作しようと思います
DSC04923.jpg
DSC04921.jpg
タミヤのバリエーション展開で発売されたキットです

その前にまず積みプラ処理を行いました
ピンククラウンと並べたく思い例のマゼンダ強めのピンクで塗装していきます
またBRZストリートカスタムに付属するシャークフィンアンテナを複製して製作しました
これで見かけ上2014年仕様になります
DSC04922.jpg

シャークフィンアンテナの複製にはダイソーの光硬貨レジンを用いてみました
DSC04901.jpg

まずはお湯まるでかたどりを行います
DSC04898.jpg

その後型に透明レジンを流し込み太陽光に当てて硬化させました
DSC04899.jpg
この透明レジンはタミヤの光硬化パテと似たようなにおいがしました

透明レジンの流動性は光硬化パテと同じくらいか少し悪く感じました
一度マスキングテープなどの上に取り出してドライヤーで暖めてから爪楊枝で型に充填すると気泡が入りにくかったです

硬化させるときは下に鏡などを置いて反射させてやると効果的にしっかりと硬化できると思います

硬化させて成形したものは光硬化パテのものよりも強度がありそうな印象です
やすりがけなどの成形も光硬化パテよりもやりやすい感じでした

この後普通に塗装しましたが問題なく塗装できたため今後もいろいろと活躍しそうです
ウィンカーなどの透明化にも威力を発揮しそうです

ボディはエポキシパテなどでがっちりと裏打ちし
筋彫りして1000番の水研ぎで仕上げました
その後前回のピンククラウンと同様に塗装しました
用いた塗料はこれらです(つまり前回とほとんど同じです)
DSC04915.jpg

まずはガイアの銀サフと黒サフを適当に混合してすけ止めとして塗装しました
DSC04906.jpg

その後ガイアのアルティメットホワイトとブリリアントピンクを混ぜて下地の薄いピンクにしました
DSC04908.jpg

このピンクの上にガイアのブリリアントピンクに色の素のマゼンダを4:1ぐらいで混合したものを吹き付けまいた
DSC04909.jpg

この上にクリアーピンクとムーンストーンパールを混合したものを吹き付けます
調色するとこんな感じです↓
DSC04911.jpg

吹き付けると前回と同様うっすらとパールのかかったピンクになりました
DSC04912.jpg
この後全体に蛍光クリアーを吹きデカールをはってウレタンクリアーでコートし研ぎ出ししました

内装はモモタロウクラウンを参考にGT Limited風にしました
DSC04937.jpg

それ以外は特に手を加えず完成です
DSC05005.jpg
複製した透明レジンのアンテナはウレタンクリアーコートを含めた塗装にも問題なく耐えてくれました
次回完成写真です
2014-12-28 : 1/24 86 & BRZ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

アオシマ 200クラウンロイヤル 後期型

続いてロイヤルの紹介です

こちらも前期型のキットにバンパー等が新規で付属したものになっています
DSC04725.jpg

ボディカラーはガイアのExブラックです
例によって研ぎ出しチャレンジとなりましたがまあまあな感じに仕上がりました
DSC04732.jpg

こちらのキットもリアのランプカバーの合いが少し悪く削ってボディに収めました
それ以外は特に製作に関しては問題なかったです
DSC04735.jpg

こちらは新規のホイールなどが付属しない分アスリートよりもプレイバリューは劣る感じがします
DSC04740.jpg

内装などはそれらしく配色して塗装しました
ウッドパネル部分などは210クラウンと同様にシルバーでドライブラシしてその上にクリアーカラーを重ねています
DSC04746.jpg

ブラックボディは研ぎ出しが厄介な分完成するとかなり威圧感があるので磨きがいがあります
とはいってもいつもの工程で3時間程度で切り上げました
研ぎ出し工程は水研ぎ2000番の時点でほとんど決まっている気がします
DSC04749.jpg

写真ではわかりにくいですが実物は結構傷があります
オー通などで実物を見る機会があればこんなものかと思ってください
写真効果はやはり恐ろしいものがあります
DSC04753.jpg

以上です罪プラ処理はまだまだ続く予定です
DSC04760.jpg

おまけ
210クラウンロイヤルと
DSC04776.jpg

黒塗り2台がそろうとかなりの迫力です
DSC04784.jpg

210クラウンはマイナーチェンジでどうなるのでしょうか?
DSC04778.jpg
2014-12-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アオシマ GRS204 クラウンアスリート 後期型

罪プラ処理で製作したキットの詳細です
まずはアスリートのほうから紹介していきます
今回も画像は拡大できます

キットは数年前に発売されたものでバンパーやリアのライトなどが新規になっています
またオプションホイールも新規で付属します
オプションホイールはメッキののりがいまいちだったのでメッキを落とした後再塗装しています
DSC04818.jpg

キット付属のシャークフィンアンテナは大きさがいまいちだったので210クラウンのものを複製して用いました
車高はプラバンを用いて調整しています
DSC04824.jpg

前期方との大きな違いはリアランプだと思います
ハウジング内のシルバーのリングが印象的です
ここは爪楊枝でちまちまと塗装しました
DSC04835.jpg

キットそのものは210クラウンよりも組みやすい印象です
ヘッドライトカバーの合いなども210クラウンよりも良かったです
それでもリアのライトのカバーはだいぶ削りました
バンパーの段差も少しあるため下地処理の段階でしっかりと処理する必要があります
DSC04843.jpg

新規のフロントバンパーのフォグはかなりかっちりと組むことができて好印象です
ハウジングとカバーが何の問題もなく組みあがります
またフロントグリルの分割あ改善されておりかなり作りやすくなっていました
DSC04849.jpg

210クラウンが大きく風変りしたため200クラウンもおとなしく見えてしまいます
DSC04857.jpg

キットに関しては以上です
あまり完成しているのを見ない200後期型ですが前期型との違いも目立つため
気になった人はぜひ製作してみてください
DSC04858.jpg

ここからはロイヤル後期型と
DSC04800q.jpg

DSC04808.jpg

210アスリートと
DSC04867.jpg

DSC04889.jpg
2014-12-20 : ロードカー : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

罪プラ処理 (アオシマ 200クラウン)

しばらく更新していませんでしたが
模型のほうはちまちまと制作していました

とりあえず210クラウンが完成したのを機にシャシーだけ組んで放置されていた200クラウンの後期型を
完成させました
DSC04800.jpg
ロイヤルはブラック
アスリートはパールホワイトで塗装しました

詳しい製作記はいまさらなキットでもあり写真も撮り忘れてしまったため割愛します
DSC04807.jpg

次回オー通で210クラウンと並べて展示したいと思います
詳しい説明と完成写真は次回紹介していきます
2014-12-17 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ハセガワ サニトラ 製作 完成

かなり早足な製作記になってしまいましたがハセガワのサニトラが完成しました
それぐらい大きな問題なく製作できる良キットであるのだと思います

今回も画像は少し拡大できます

キットそのものはハセガワの完全新金型のキットでとても精度が良いキットでした
またホイールが2種類用意されており今回はノーマルのほうを選択しました
DSC04703.jpg

ハセガワのキットを製作したのは今回が初めてなのですが特に問題なく製作できました
特に荷台のパーツがしっかりとボディと固定できる精度の高さは感動です
またボディが1ピース構成のためバンパー等を接着したりする手間がないのも良いと思います
DSC04689.jpg

足回りのパーツも少ないパーツながらかなりしっかりと再現されていました
スペアホイールもしっかりとセットされています
今回はトレッドを少し短くして製作しました
ブレーキのパーツを少しいじってやれば簡単にトレッドを短くできます
DSC04665.jpg

荷台のフックも別パーツで用意されており、なおかつぴったりとはまるのはさすがです
ただこのフックは余剰パーツがセットされていないので紛失に十分注意する必要があります
今回はランナーについた状態で下地処理から塗装まで行いました
DSC04666.jpg

荷台の部分は研ぎ出しが困難なためウレタンクリアー吹きっぱなしとしています
またキットの鍵穴のモールドが非常にリアルだったので
モールドを丁寧に切り離してシルバーで塗装後ボディに接着しました
DSC04708.jpg

リアのライトのパーツの縁取りはエナメルのブラックを筆塗りし余分な部分を溶剤をつけた麺棒でふき取って塗装しました
各部の樹脂部品もボディと別パーツとなっており塗り分けや研ぎ出しが楽でした
DSC04710.jpg

フェンダーミラーは金型の関係上しっかりと成形されてない部分を削ってそれらしくしました
フェンダーミラーはタボ穴を用いてかなりパッチリと固定することができ好印象です
ただドアハンドルのパーツのみはめ込みがきつくタボを削り落として接着しました
DSC04712.jpg

Aピラーのアンテナは基部のみキットのものを用いて虫ピンに置き換えました
ウォッシャーノズルも研ぎ出しの邪魔だったため切り落として穴を開けておき
伸ばしランナーを加工したものを察しこみました
DSC04715.jpg

フロントのメッキモールなどはミラーフィニッシュの細切りを貼り付けました
フロントグリルは細かくパーツ分けされており塗り分けるだけでかなり良い雰囲気になります
中央のエンブレムはシルバーでと塗装後エナメルで色をさしてそれらしくしました
DSC04719.jpg

キットの関してはこんな感じです
はっきりいってかなりお勧めなキットです
少し値段が張る気もしますが新金型であることを考慮すれば仕方ないと思います
値段以上のキットの車種の魅力と精度を併せ持った2014年の名キットだと感じました
今後のバリエーション展開にも期待大です
ノーマル仕様以外にも各種業務用車や走りをイメージさせる製作などいろいろ楽しめるキットがと思います
迷っている方はぜひ製作しましょう
そしてぜひ横浜オー通、日産工場に持ち込みましょう
DSC04701.jpg

以上です
もしかしたらもう一台製作するかもしれません
2014-12-08 : 1/24 サニートラック [ハセガワ] : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop

ハセガワ サニトラ製作 ボディの塗装~最終組み立て

今回はハセガワのサニトラのボディ塗装についてです

まずは塗装前のボディの加工から
すでに多くのところで指摘されているようにキットのままだと一部の分割線が再現されていないためこれらを彫りました
DSC03777.jpg
リアサイドのパーティングラインから少し前の部分にたてに筋彫りを入れました

フロントの部分にはキットの箱絵を参考に筋彫りを入れました
またボディにあらかじめモールドされているウォッシャーノズルと鍵穴は切り飛ばして目印に穴を開けておきました
ただ鍵穴のモールドはとても細かくてリアルだったので切り飛ばしたパーツはしっかりと確保しておきます
DSC03776.jpg

荷台の部分には目立つ分割線があるのでこれを瞬間接着剤で生めてなだらかにつなげました
(黒く捨てサフを吹いた部分)
またプラバンを見えない部分に貼り付け補強しておきます
DSC03779.jpg

その後ボディ全体を1000番の水研ぎで仕上げて塗装に備えました
DSC03780.jpg

まずは透け止めとしてガイアの銀サフと黒サフを混合したものを吹き付けました
DSC03782.jpg

次にガイアの白サフとピンクを混ぜて下地を作りました
DSC03783.jpg

今回は明るめの赤にするべくガイアのブライトレッドで塗装しました
かなり明るめの赤です
DSC03785.jpg

この後デカールを貼ってウレタンコートに入っていくのですが
その前にボンネットのルーバーに軽くすみいれをしておきました
DSC03787.jpg

その後ウレタンクリアーでコートしました
例によってロックペイントのハイパークリアーSを3回ほど吹き付けました
また荷台の部分は吹きっぱなしとしています
名古屋オー通にはこの状態でボディーのみもって行きました
DSC03799.jpg

ボディをいつものように
タミヤ1500番水研ぎ→タミヤ2000番水研ぎ→ラプロス6000→ラプロス8000→タミヤ細目→タミヤ仕上げ目
で研ぎだしました
その後各部にミラーフィニッシュの細切りを貼り付けていきました
フロントの部分は内側にもミラーフィニッシュを貼ってやります
DSC04653.jpg

ミラーフィニッシュの貼り付けは細切りにしたミラーフィニッシュにテンションをかけながら押さえつけてやると
貼りやすいです
DSC04654.jpg

その後ボディとシャシーを組み立てるのですがそのままだときつめのため
シャシーのフロントの一部分を削りました
DSC04655.jpg

フロントグリル内のエンブレムはモールドがしっかりしていたのでガイアのダークステンレスシルバーで塗装後
細部にエナメル塗料を流し込み余計な部分をふき取りました
切り飛ばした鍵穴も同様に塗装しておきました
DSC04659.jpg

キットのナンバープレートは厚めだたため今回は新たに購入したタミヤのプラペーパー0.2mmで
作り直しました
0.2mmでもナンバープレートぐらいのサイズであれば強度的には問題なかったです
DSC04660.jpg

その後こまごまとしたものを取り付けて完成です
DSC04703.jpg
ボンネット上のウォッシャーノズルは伸ばしランナーの先端をあぶって丸めたものを削ってそれらしくしたものを
穴にランナー部分を差し込む形で取り付けました
また左Aピラーにつくアンテナは基部のみキットのものを用いて虫ピンで置き換えました
本当は各部のビスモールドをシルバーで塗装する必要があるのですがかなりモールドが細かく
爪楊枝で塗装するのも大変そうだったので止めておきました
黒染めされたビスで固定されているということにしておきます

また最終組み立ての段階でいくつかのパーツのはめ込みがとてもきつくそのままだと固定できませんでした

特にドアハンドルのパーツはそのままだと完全にはまらなかったです
ハセガワのキットはかなり精度が良い分塗膜の厚みではまりにくくなってしまったのでしょうか
これから製作される方はあらかじめタボ穴などを塗装前に調整しておいたほうがよさそうです

それ以外は特に問題なく組み立てることができました
次回完成写真です

2014-12-07 : 1/24 サニートラック [ハセガワ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ハセガワ サニトラ 製作 シャシー等の組み立て

名古屋オー通も終わりクラウンの製作もひと段落着いたので新しいキットの製作に取り掛かります

今回はすでに多くの方が完成されていますがハセガワの渾身のキットのサニトラを製作していきます
(ただもうすでのほとんど製作が終わっていますが…)
DSC03791.jpg


まずは足回りを調整しました
DSC04323.jpg
キットはそのまま組むと少し強気なトレッドになるらしいので少し幅をつめました
フロントはブレーキパーツの穴をドリルなどで少し拡張してやり
サスペンションパーツとブレーキパーツの接着面の段差も削り
画像にはありませんがポリキャップも少し短めにして固定しました
トレッドをつめるとステアリングのパーツとホイールとが干渉するため一部ホイールのリム部分を削りました
またフロントホイールのピンも少し短く切り詰めました

リアの部分も同様にブレーキパーツのサスペンション側の部分を少し削って調製しました
DSC04470.jpg

キットのてっちんホイールはかなり気合の入った造形です
何しろボルトがちゃんと6角形になっています
DSC04650.jpg
ホイールは全体を8番シルバーで塗装した後中央の部分をエナメルのブラックで塗装し
ラッカーでクリアーコート→デカール貼り→半つやのクリアーコートで仕上げました

後は各パーツを塗装して接着しました
車高は選択式となっており今回は高めの車高で組みました
DSC04648.jpg
少ないパーツながらかなり雰囲気よいシャシーに仕上がります
各部のパーツの精度もぴったりで特に問題なく組みあがりました

リアのブレーキのパーツはあらかじめホイールに接着しておき
これをデフのパーツに接着せずに差し込む形で固定しました
DSC04649.jpg
シャシーの色からわかるとおり今回はボディカラーは赤で製作していきます

ついでに内装も組んでしまいました
DSC04643.jpg
配色などはかなり適当です
パーツ分割も塗装しやすいように考慮されておりさっくりと組むことができました

フロアマットにはいつもの100均の貼れる布を貼り付けました
シートの裏側はへッドレストの部分のみ裏側の肉抜きを埋めるパーツが用意されていました
下の部分は完成後ほとんど見えなさそうなのでそのままにしています
DSC04645.jpg

すでにボディの塗装も終了しているのでもう少しで完成です
2014-12-06 : 1/24 サニートラック [ハセガワ] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アオシマ 210春クラウンアスリート 製作 完成

名古屋オー通前にすでに完成していますが春クラウンの完成編です
今回も画像は少し拡大できます

今回は順当に行けば冬のラップ塗装のはずでしたがピンクが似合う車ということで
春のイメージでアリストの更新もかねて桜模様のラッピングを施しました
s-DSC03824.jpg

桜の部分は100均の型抜きを用いてマスキングテープを切り抜いて塗装しています
ただ桜の部分をアシストのときとは異なりシルバーべた塗りにすることで製作期間を短くしました
s-DSC03827.jpg

桜の部分がラップ塗装ではなくなりましたが雰囲気はそれっぽく仕上がってくれたと思います
もともとのクルマのピンクのイメージが強いということもあるのかもしれません
s-DSC03836.jpg

ホイールはアオシマの最近のオプションのものです
スポーク部分のみ白く塗装しています
またブレーキディスクはカスタム仕様のものを用いました
s-DSC03843.jpg

デカールのマーキングはキットのままガソリン仕様としました
秋クラウンがハイブリットモデルだったのでそれとの対比にもなると思います
s-DSC03846.jpg

桜の模様は密な部分と疎な部分がある感じで塗装しました
同様にラップ塗装の部分も明るい部分と暗い部分を意図的に分けて塗装しています
s-DSC03855.jpg

また桜の部分とラップ塗装の部分ではピンクの色調がわずかに異なるようにしてみました
(写真だとよくわからないですが…)
s-DSC03878.jpg

210クラウンアスリートも短期間のうちに3台ほど製作したこともありだいぶ製作になれてしまいました
そのうち気が向いたらまた製作するかもしれません(空色とか若草色とか…)
s-DSC03864.jpg

前回の名古屋オー通でもやはりラップ塗装は一般受けがよい印象を受けました
来年のホビーショーまでには四季クラウンをそろえて展示したいです
s-DSC03870.jpg

アオシマの210クラウンは今後もバリエーション展開が望めそうなのでその部分もとても楽しみです
s-DSC03874.jpg

ちなみに内装はピンククラウンに準じたものにしています
フロアマットはなんとなく赤にしました
s-DSC03811.jpg

その他の四季クラウンとの集合写真は冬クラウンが完成してからにしたいと思います
横浜オー通までには冬クラウンも仕上げたいです(おそらくマスキング地獄が待っていますが…)
s-DSC03886.jpg

春クラウンについては以上です
次回からはまた別なキットを製作していきます

2014-12-04 : 1/24 210クラウン ラップ塗装[アオシマ] : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

SOF

Author:SOF
主に車の模型をさっくりと組む模型人間です

最近はさっくりすぎて純正ディティールアップパーツすら用いないようになりました…

カテゴリ

検索フォーム

走行距離 ( km )