スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

モデルアート 2016年4月号に掲載されました

突然ですが今月号のモデルアートに2作品掲載させていただき
念願のライターレビューとなりました
s-DSC04660.jpg

今回はニューキットレビューとしてタミヤ新製品のNDロードスター
s-DSC02551.jpg

そして新連載のLED大作戦のページにBMW i8を製作しました
s-DSC03576.jpg

どちらも紙面ではあらが見えるくらいばっちりときれいな写真で掲載されていますので
よろしくお願いいたします
またちゃんとLEDをしこんだライト類の発光ノウハウもしっかりと紹介しています

最後に残念(嬉しい?)なお知らせです
最近停滞気味なこのブログ上での更新がまだまだ滞ることになりそうです…
スポンサーサイト
2016-02-26 : 模型雑誌 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

1/24 アオシマ(BEEMAX) ST165 セリカWRC 製作 ボディのマーキング

このところ暖かくなったり寒くなったり花粉が舞ったりと体調管理には気を使う季節になりました
今製作中のセリカのサファリラリーバージョンの発売がBEEMAXのホームページでアナウンスされていました
これが発売される前には積みを処理しておきたいところです

という訳でBEEMAXセリカのボディのマーキングを行いました
このセリカはトヨタの紅白模様をデカールで再現するようになっているのですが
ひび割れなどを作らずに貼るのはかなり厄介そうだったので赤色の部分はデカールと塗装を組み合わせて再現することにしました

まずフロント側です
デカールの黒い線の部分に少し赤を残してトリミングしておいた物を貼り付けます
よれ易くなるので注意が必要ですが元のままよりも貼りやすくなると思います
ルーフの上もおんなじ感じにトリミングして貼り付けました
s-DSC04199.jpg

お次はリアのサイドです
こちらはまず普通に全体に貼り付けます
s-DSC04200.jpg

その後リア後部に掛けて赤い部分を一部トリミングしました
この後スポイラーに掛かる黒い線の部分をフロントと同じ要領で切り出して貼り付けました
s-DSC04202.jpg

赤を塗装する前のデカール貼りはこんな感じになります
フロントボンネットはデカールがよれてしまったので黒いラインも塗装する羽目になりました
デカールは上に軽くラッカークリアーを吹いて保護しておきます
s-DSC04209.jpg

次にデカールの黒いラインに沿ってマスキングを施して
赤になる部分にクレオスのハーマーンレッドを吹き付けました
s-DSC04212.jpg

その後フロントの黒いラインを同様にマスキングして塗り分けました
s-DSC04215.jpg

マスキングを剥がしてみるとこんな感じです
写真で見る分にはデカールの赤と塗装した部分との境目がほとんど分からない感じになってくれました
s-DSC04223.jpg

リア側もこんな感じでパネルラインをデカールで埋めることなくカラーリングを再現することができて満足です
TA64も同様の方法で塗り分けようと思います
s-DSC04218.jpg

この後各所のスポンサーロゴなどを貼り付けました
マルボロでカールはタブデザインのもの(ホビーフォーラムで購入)を用いました
s-DSC04224.jpg

最終的にこんな感じになります
サイドの黒モールの上にデカールがかぶさる部分はクリアーコート後にデカール部をマスキングして塗り分ける予定です
s-DSC04266.jpg

サイドシルの矢印のデカールは黒い部分をトリミングして貼っています
赤を塗り分けたおかげで何とか大きなトラブルなくマーキングすることができました
s-DSC04268.jpg

ウィンドウのホチマキ部分にもデカールを貼ります
ウィンドウの表面にはあらかじめ薄くつやありのクリアーを吹いてデカールの密着を浴しておきました
フロントのトヨタのマークはデカールを文字ごとに切り離して曲がるようにしました
s-DSC04269.jpg

ホイールのデカールはドーナッツ状になっているのですが切り離して貼り付けました
この後全体に保護用のラッカークリアーを軽く吹きウレタンコートに入っていきます
s-DSC04263.jpg

今回は以上です
次回に続きます

2016-02-21 : 1/24 ST165 セリカ [BEEMAX] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

過去作品紹介 さらば あぶない刑事 F31レパード

しばらく続いた過去作品の紹介もこれで最後です

今回紹介するのはさらばあぶない刑事の劇中車仕様の金色レパードです
s-DSC03088.jpg

ヘッドライトハウジングに穴をあけて裏側にLEDを貼り付ける感じで電飾を施しています
こちらはナンバープレートが302の劇中仕様になっています
s-DSC03104.jpg

ゴールドは説明書のものよりも明るめに調色しています
ただあせって製作していたせいで下半分のブラウンメタリックが暗い感じになってしまいました…
s-DSC03080.jpg

各部のメッキモールはミラーフィニッシュの細切りを貼りこんで再現しました
直線部分が多いので塗り分けるよりもらくだと思います
s-DSC03061.jpg

足回りはホイールとアップライトとの間に半分くらいに切ったポリキャップを挟んでトレッドを広げ
車高を少し下げています
s-DSC03056.jpg

おまけ
さらばのGT-Rと
s-DSC03012.jpg

キットにはコーンが付くので並べてステアリングを切って画像を傾けるとそれっぽい感じになってくれます
s-DSC03120.jpg
2016-02-13 : ロードカー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

1/24 アオシマ(BEEMAX) ST165 セリカWRC 製作 ボディの塗装

突然ですがBEEMAXのセリカを作り始めることにしました

最近発売されたTA64ではなくてST165のほうです
s-DSC04208.jpg

というのもBEEMAXキットを積みすぎているのでTA64に取り掛かる前に処理しておきたいからです
デカールを作っているのが海外メーカーのため劣化が早いと作れなくなりそうだったので初のキットであるオーストラリア仕様から取り掛かっていきます
s-DSC04204.jpg

という訳でボディの塗装を行います
まず別パーツになっているリトラの部分はあらかじめ接着しておきました
またフロントサイドのウィンカーはモールドを削り落としておきます
この部分は最後に透明プラバンなどで再生する予定です
s-DSC04187.jpg

またリアスポイラーがボディと完全に一体になってしまっているため分割線をそれらしく彫りこんでおきました
s-DSC04188.jpg

その後全体のパネルラインをラインチゼルで彫りなおして捨てサフを削り落としていく感じで
1000番の水研ぎで仕上げて下地は完成です
ちなみにこのキットはフジミのCR-Zウィンドウと同様の方式になっていて塗膜の厚みの影響をもろに受けるので
写真で囲ったウィンドウのゴムモールをある程度削っておきました
s-DSC04190.jpg

そうしたら本塗装に入ります
まず下地としてガイアの銀サフと黒サフを混ぜたものを吹き付けました
s-DSC04193.jpg

次にフィニッシャーズのファンデーションホワイトを吹いて白下地を作り
ガイアのExホワイトを吹き付けました’
この厄介なデカール貼りが待っているのでクリアーを吹いてつやをある程度出しておきました
s-DSC04196.jpg

この後厄介なマーキングに入っていきます
次回に続きます
2016-02-12 : 1/24 ST165 セリカ [BEEMAX] : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

横浜オー通に参加します

すでに日付が変わってしまっていますが
本日の横浜オートモデラーノ集いに参加します

直近の作品を中心に持ち込む予定です

さらに今回はとんでもアイテムも持ち込みますのでお楽しみに↓
DSC04008erg.jpg
2016-02-06 : イベント : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

さらばあぶない刑事 GT-R (R35)

またまた過去作品の紹介です
(作ったのはつい最近ですが)
s-DSC02926.jpg

こちらも訳あって製作したさらばあぶ刑事使用のR35GT-Rです
s-DSC02942.jpg

配色などは日産の広報車を参考にしています
s-DSC02962.jpg

ボディカラーはメタルレッド+ファンデーションピンク→クリアーレッドです
s-DSC02923.jpg

ヘッドライトはレンズ部分がクリアーパーツなので裏側にLEDを並べてあげれば簡単に光らせることが出来ます
s-DSC02939.jpg

s-DSC02980.jpg

s-DSC02974.jpg

s-DSC02968.jpg

s-s-DSC030351.jpg

2016-02-04 : 過去作品紹介(~2013) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

SOF

Author:SOF
主に車の模型をさっくりと組む模型人間です

最近はさっくりすぎて純正ディティールアップパーツすら用いないようになりました…

カテゴリ

検索フォーム

走行距離 ( km )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。