FC2ブログ

アオシマ アヴェンタドールアニヴァーサリオ 製作 ドアの調整

アヴェンタドールのドアの調整を行いました
開閉キットとして製作する場合しっかりと閉じることも重要なので少し調整を行いました

今回も閉状態でかっちりと閉まるようにネオジム磁石を仕込んでおきます
100均のものと最近再販されたハイキューパーツのものを使いました
DSC07903.jpg

まずはドアの内張りに磁石を仕込みます
まず写真の黄色で囲った部分に瞬着で固定しました
次に赤で囲った部分をピンバイスなどで穴あけ後切り取って除去しました
この部分は普通のアヴェンタドールのキットのドアヒンジの固定部分のため
今回ドアヒンジがプラで形成されているこのキットでは特に必要でないため切り取っても問題ないです
DSC07904.jpg

切り取ったあと均しておきここにも100均の磁石を貼り付けました
DSC07905.jpg

次にダッシュボードの裏に磁石を仕込みました
2分割されているダッシュボードを組み立てご写真の位置に100均のネオジム磁石を仕込みました
ネオジム磁石の向きには要注意です
固定する前にネオジム磁石に目印をつけておくと良いと思います
DSC07906.jpg

最後にサイドシルの裏側の部分にハイキューパーツの4mmの磁石を仕込みました
これでネオジム磁石の仕込みは終わりです
DSC07907.jpg

次にドアパーツの隙間の調整を行いました
写真の黄色で囲った部分はそのままだと閉状態での隙間がかなり目立つため0.2mmのプラバンを瞬着で貼り付けて
硬化後に成形しておきました
DSC07912.jpg

次に開状態での見栄えを良くするためドアのふちを薄く見えるように削っておきました
後ろだけでなく前の部分も薄くしておきます
いわゆるうすうす攻撃ですがこれだけでもさっとした印象がなくなります
DSC07910.jpg

ドアミラーは0.5mmの真鍮線を打って補強しておきました
ドアー側にも0.5mmの穴を開けておきます
ドア関連の調整は以上です
DSC07916.jpg

最後にボディで気になった部分を修正します
写真で囲ったフロントの部分には本来、面があるのですがこのキットでは金型の抜きのせいか
少し表現が弱めのため少し削り取ってこの3角形の面を強調しておきました
この部分は普通のアヴェンタドールのキットと比較すると、どのように修正すればよいか分かりやすいと思います
DSC07914.jpg

ボディ関連の調整は以上です
次はボディの塗装です

スポンサーサイト



2015-05-13 : 1/24 アヴェンタドール50th[アオシマ] : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

お疲れ様です(^^)
アウディに続きランボルギーニ、自分の好きな車種が続いて嬉しいです。

2015-05-16 11:03 : クロネコ URL : 編集
Re: タイトルなし
クロネコさん コメントありがとうございます

最近の外車のスーパーカーはいろいろとキットが発売されているのにもかかわらず
作っていないものが意外と多かったりするので気が向いたら今後も製作していく予定です

レベルのBMWのi8やポルシェ918なども楽しみです
2015-05-20 18:16 : SOF URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

SOF

Author:SOF
主に車の模型をさっくりと組む模型人間です

最近はさっくりすぎて純正ディティールアップパーツすら用いないようになりました…

カテゴリ

検索フォーム

走行距離 ( km )