FC2ブログ

アオシマ アヴェンタドール50th アニヴァーサリオ製作 完成編

アヴェンタドールアニヴァーサリオの完成編です

以前からこのライン入りのアヴェンタドールを製作していたいと思っており
このキットががホビーショー直前で出たので思い切って製作しました

(画像は少し拡大できます)
キットはこれまでのアヴェンタドールのパーツを流用しつつ半分くらいは新金型になっています
またノーマルアヴェンタで厄介だったドアの開閉機構が進化しておりドアを開いた状態にするのに
ピンセットで格闘する必要がなくなっています
DSC08269.jpg

ボディ各部の戦闘的なエアロパーツも新規に起こされています
合いに関しては少しの調整で問題なく組めました
特に別パーツになっているフロントバンパーはアオシマキットの中でもトップクラスの合いのよさでした
DSC08367.jpg

今回はオレンジのラインの再現にハセガワの蛍光オレンジフィニッシュを用いました
オレンジフィニッシュを細めに切り出してちまちまと貼り付けています
このときオレンジフィニッシュが重なった部分を重ならないようにトリミングするのが厄介でした
DSC08363.jpg

オレンジフィニッシュはミラーフィニッシュやカーボンフィニッシュなどと比べると比較的シートが厚く
びろーんと伸びるようなこともなく細切りにしても問題なく貼り込むことができました
その分段差消しが厄介でしたがミラクルデカールほどではないためウレタンクリアーを用いて中研ぎをはさみ研ぎだしました
DSC08292.jpg

製作記にも書いたようにボディカラーはブルーからパープルに角度によって変化する感じに塗装してみたのですが
オレンジのラインが明るく目立ってしまい写真ではよくわからないです
この塗料はまた試してみたいです
DSC08337.jpg

ドアの閉状態での保持に今回もネオジム磁石を用いました
今回はなるべく100均の磁石を用いています
そのおかげか完成後もパチンと閉まってくれるようになりドアが浮いたりすることがなくてよかったです
DSC08322.jpg

ウィンドウはいつものようにクリアーカラーで着色しています
今回のようにばらばらのウィンドウだといつもよりも塗装しやすいです
クリアーでの着色はクリアーパーツが傷つくのを防ぐ目的もあるのでクリアーパーツの表裏両方に塗装しました
DSC08310.jpg

エンジンフードは製作期間短縮とかっちりさを出すためあらかじめ固定しました
特に今回のようにラインを入れる場合パーティングラインが不均一だったりするとだらしない感じになりそうなので
固定して製作してよかったと思います
DSC08312.jpg

キットには開口部のメッシュがエッチングで用意されており内部のモールドがメッシュ越しに観察できます
特にリアの部分は効果抜群だと思います
エッチングの合いも非常によかったです
DSC08348.jpg

アヴェンタドールのキットも4台めの製作ということもあって2週間で完成させホビーショーに持っていくことができました
また気が向いたら製作しようと思います
DSC08353.jpg

最後にキットの総評的なものです
ノーマルのアヴェンタドールと比較するとドアの開閉機構が進化しておりアオシマのノウハウの蓄積が感じられました
作りやすさに関してもノーマルアヴェンタやロードスターよりも作りやすくなっています
ただかっちりと製作するにはある程度の経験が必要だと感じました
ばらばらのウィンドウのクリアーパーツの接着などにはエポキシ接着剤がかなり活躍してくれます
キット自体は比較的高額ですがエッチングの付属やドア開閉、パーツの量などを考えると納得できる範囲だと思います
完成するとランボルギーニということもあって模型栄えするので気になった方はぜひ製作してみてください
DSC08307.jpg

最後は恒例のフロントビューで
センターラインががたついているのがよくわかります…
DSC08333.jpg

スポンサーサイト



2015-05-27 : 1/24 アヴェンタドール50th[アオシマ] : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

完成おめでとうございます!
ラインが入ったアヴェンタドールの制作、驚きです(^-^;
自分でもやってみたかったのですが、あのラインのやり方は全く想像つきませんでした。見事に再現されてますね。
メタリックカラーとの相性も素晴らしいです。
元々難易度が高いキットだと思いますが、ドアの開閉が良くなってるようでしたら...購買意欲がそそられます(^^)
2015-06-08 00:24 : クロネコ URL : 編集
Re: タイトルなし
クロネコさん コメントありがとうございます

オレンジラインの再現はマスキングを予定していましたが時間の都合で
より工程の少なく完成時のイメージがつかみやすいオレンジフィニッシュの細切りの貼りつけになりました

塗り分けラインが一切がたつかない点、マスキングによる塗り分けよりもシャープに仕上がるのですが
やはり段差消しが厄介でした

キットのドア開閉機構はノーマルアヴェンタよりも格段によくなっていました
エッチング同梱やエアロなどのキットの内容、それでいてロードスターと同じ値段であることを考えても
お買い得でお勧めなキットです
2015-06-08 18:23 : SOF URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

SOF

Author:SOF
主に車の模型をさっくりと組む模型人間です

最近はさっくりすぎて純正ディティールアップパーツすら用いないようになりました…

カテゴリ

検索フォーム

走行距離 ( km )