FC2ブログ

フジミ 1/24 レクサス LS600hl 2013年仕様 製作 ボディの塗装

レクサスのボディ塗装を行いました
今回はこのブログにしては珍しい純正カラーでいきます
(とはいってもi8も純正カラーでしたが)

今回再現するのはブラックオパールマイカです
これらの塗料を用いて塗装しました↓
DSC09230.jpg

このボディカラーはぱっと見は黒ですが光が当たった部分のみ紫から青に輝く感じです
これを恒例のパールと黒を混ぜた塗料で再現して見ます

そういえばあまり紹介する機会がなかったのですが
自分はボディを塗装するとき基本的にペットボトルに固定しています
ペットボトルに少し水を入れてふたをし、ふたにマスキングテープ→その上に厚みのある両面テープ(スポンジの層があるもの)→
マスキングテープの乗り面を上にして貼り付け→ボディを固定、といった感じです
DSC09223.jpg

話をボディ塗装に戻します
まずは下地としてガイアの黒サフと銀サフを混合したものを塗装しました
グレーサフなどでも問題ないのですがセール時に半額で購入した銀サフが余っているので使っています
DSC09226.jpg

この上に
クレオス,サファイアブルー:ガイア,Exブラック=3:1
ぐらいで混合したものを吹き重ねていきます
この塗料はパール(サファイアブルー)の明るくなろうとする力と
Exブラックの暗くなろうとする力が釣り合うところまで濃くなると
それ以上濃くならなくなるので塗り斑を抑えることが出来ます
黒下地の上にパールを吹く場合と比べても遜色ない仕上がりになるので
特にドアやエンジンフードがボディと別になっている場合には便利だと思います
DSC09228.jpg

そのままだと実車の紫っぽさがあまりないので
ガイアのクリアーウルトラマリンブルーに色の源マゼンタを少し加えこれをクリアーで半分くらいに薄めたものを全体にコートしました
同時にパールの粒子が泳がないよう押さえる目的も兼ねてます
(写真だとほとんど違いが分かりませんが)
DSC09231.jpg

ボディのメインカラーはこんな感じで塗装しました
乾燥機に放り込んで十分乾燥させた後、細部の塗り分けを行いました

フロントグリルの内側はガイアのダークステンレスシルバーに黒を適当に加えたもので塗装しました
DSC09238.jpg

サイドはメッキモールの上にデカールを貼る必要があるのであらかじめダークステンレスシルバーで塗装しておきました
またセンターピラーはつやありの黒になるのでこの部分はExブラックで塗装しておきボディと一緒に研ぎだそうと思います
この後デカールをはって全体をクリアーで押さえデカールを保護しウレタンクリアーに備えました
DSC09263.jpg

この段階でフロントグリルを組んでみるとこんな感じです
新キットだけ合ってかなりの雰囲気です
DSC09262.jpg

次回に続きます
スポンサーサイト



2015-07-24 : 1/24 レクサス LS600hl  [フジミ] : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
こんにちは。
SOFさんのハイペースかつ丁寧な作業と
作品の素晴らしい仕上がりにいつも「すげ~すげ~」と
つぶやきながら拝見しております(笑)

で、今度は最新キットのLS600hL 2013年モデルですか!
レビューとボディの下地処理も読ませて頂きましたが
このキット、あの「恐怖のCR-Zウィンドウ」なんですね。
最近のフジミはパチピタすぎるCR-Zウィンドウか
ロータスヨーロッパみたいな瓶底ウィンドウのどちらかが
多いので困ったものです(笑)

ブラックオパールマイカもお見事です!!
この色が持つ青さと黒さのバランスや
色の深みがバッチリ再現されてますね。
レシピと塗装法、すごく参考になりました。

毎日とても暑いのでお体に気を付けて
LS・ヨーロッパの製作頑張って下さいね!!
2015-07-26 16:25 : ながせ URL : 編集
Re: No title
ながせさん コメント&いつもご訪問ありがとうございます

製作中のレクサスですが地のキットがもともと非常に良いためかフジミなのにとてもいい感じです
CR-Zウィンドウは現状のフジミのスタンダードなのでなんだかんだで慣れてしいましたね
アオシマの86みたいなドアサッシ一体型の外はめ式ウィンドウだとかなり楽になるのですが…

ブラックオパールマイカの塗料自体は以前GT-Rに使ったものそのものなんです
ただ最後のオーバーコートに少しマゼンタを加えてそれっぽくしてみました
色の源はもうはずせない必須アイテムになってしまっています
ただこの手のマイカカラーはクリアーコートして研ぎだすと結構質感が変化するので
どうなるのか楽しみです
実物は名古屋オー通に持って行く予定です
ながせさんが製作中のクラウンもぜひ実物を拝見したいです!
今からオー通が楽しみですね


2015-07-27 01:04 : SOF URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

SOF

Author:SOF
主に車の模型をさっくりと組む模型人間です

最近はさっくりすぎて純正ディティールアップパーツすら用いないようになりました…

カテゴリ

検索フォーム

走行距離 ( km )